食べる 見る・遊ぶ

尼崎のホテルが正月三が日限定「ニューイヤーズバイキング」 すでに満席の日も

目の前で焼き上げる「牛ロース肉の鉄板焼き」

目の前で焼き上げる「牛ロース肉の鉄板焼き」

  •  
  •  

 尼崎の都ホテルニューアルカイック(尼崎市昭和通2、TEL 06-6488-4777)3階「鳳凰(ほうおう)の間」で来年1月1日~3日、「ニューイヤーズバイキング2019」が開催される。

獅子舞が会場を練り歩く(前回の様子)

 大人から子どもまで幅広く楽しめる料理とドリンクを用意するバイキングと、ステージショーなど正月ムードを盛り上げるさまざまな催しを展開する同イベント。1999年から毎年続く人気企画で、1日昼・夜の部、2日昼の部はすでに満席となった。

[広告]

 提供するメニューは、実演コーナーで提供する牛ロース肉の鉄板焼き、天ぷら、すしのほか、おせち料理、ローストポークとコールミート、トラウトスモークサーモンのチョップドサラダ、紅茶鴨(かも)のみそ漬け、白身魚の西京焼き、ビーフカレーなど。ドリンクは、ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキー、チューハイ、カクテル、ソフトドリンクなど。フルーツ・ケーキ盛り合わせや、アイスクリームといったデザートも用意する。各部1回ずつ「キハダマグロの解体ショー」を行い、解体した切り身はすしとカルパッチョで振る舞う。

 ステージショーは、200種類以上のレパートリーを持つバルーンパフォーマー「MAY(メイ)」さん(2日)、ニューヨークのアポロシアターで開催される「アマチュアナイト」で5大会連続優勝した経験を持つ、ダンス・パントマイム・クリスタルジャグリングを融合させたパフォーマー「ZANGE(ザンゲ)」さん(3日)が出演。おはやしに合わせて会場を練り歩く「獅子舞」、ホテル宿泊券や食事券などが当たるビンゴゲーム、餅つき、縁日コーナーなども予定する。

 担当の松尾幸子さんは「マグロの解体ショーは毎回人気なので味わってほしい。バラエティー豊かな料理や家族で楽しめるイベントをたくさん用意しているので、参加いただければ」と話す。

 開催時間は、昼の部=12時~14時30分、夜の部=17時30分~20時(3日は昼の部のみ)。前売りチケット(12月31日まで)は、大人(中学生以上)=6,000円、シニア(70歳以上)=5,000円、子ども(4歳~小学生)=3,000円。当日はいずれも500円増し。

  • はてなブックマークに追加