暮らす・働く

尼崎・塚口に「あまぴっと」 ママと赤ちゃんが作る交流スペース

オープン式の様子

オープン式の様子

  •  
  •  

 尼崎の塚口さんさんタウン(尼崎市南塚口町2)三番館地下1階に5月12日、「コミュニティカフェ&レンタルスペース あまぴっと」がオープンした。

オープニングイベントで開催された「ハイハイレース」も白熱

 カフェスペースの面積は40平方メートル、席数はテーブル8卓40席。利用料金は大人=300円、学生=100円、小学生以下は無料。ワンドリンクオーダー制で、食事などの持ち込みは自由となっている。

[広告]

 レンタルスペースの面積は、クッション床のセミナースペース(定員15人)、キッチンスペース、オープンカフェスペースそれぞれ20平方メートル。利用料金は初回登録料=300円、セミナースペース=1時間1,000円、オープンカフェスペース=1時間500円など。セミナーやイベントでの利用を募集している。

 運営はNPO法人ママの働き方応援隊阪神東校。同法人は「赤ちゃん先生プロジェクト」「ママ脳大学」など、「子育て中だからできる社会参加」をテーマに活動を展開している。参加メンバーは0~3歳の未就園児を持つ母親たちが中心で、同スペースの常駐スタッフもメンバーが務める。

 同NPOの上野桃子さんは「乳幼児を抱えるママたちは、周囲への迷惑を気にして外出を控えがちになり、閉そく感に悩むことが多い。そんな時にも気兼ねなく出掛けられて、同じ境遇の仲間と出会い、地域の人々や社会とのつながりを生み出せる場所にしたい。『あまぴっと』には、尼崎のママたちが『ピットイン』して元気を取り戻す場所、という意味がある」と話す。

 6カ月の娘を抱いてオープン準備から参加している藤井菜摘さんは、「元は精肉店だったスペースを皆の手作りでリノベーションした。小さな子ども連れの親子だけでなく、セミナーや一日カフェをやってみたい人などに幅広く活用してもらえるよう工夫した。準備中に偶然通り掛かった高齢の男性がいろいろと手助けしてくれるなど、地域の人の温かさも感じる。子育て中の今だからこそできることに挑戦していきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は10時~16時。水曜・日曜定休。

  • はてなブックマークに追加