食べる

尼崎の商業施設・つかしんにタピオカドリンク専門店「ブルプル」 尼崎初出店

「黒糖タイガー」(手前)と「ミルクティー」。ブルドッグのデザインが印象的で写真を撮る人も多い

「黒糖タイガー」(手前)と「ミルクティー」。ブルドッグのデザインが印象的で写真を撮る人も多い

  •  
  •  

 タピオカドリンク専門店「Bull Pull(ブルプル)」(TEL 06-6427-8107)が7月、複合商業施設「グンゼタウンセンターつかしん」(尼崎市塚口本町4)ひがしまち南館1階にオープンした。

店舗外観

 2012(平成24)年に東京・亀有に1号店をオープンした日本生まれのタピオカドリンク専門店。東京・関東・関西を中心に展開し、尼崎へは初出店となる。席数30席。

[広告]

 ドリンクメニューは、ミルクティー、ティー、ミルク、カルピス、ソーダ、豆乳、コーヒーのベースカテゴリーから選ぶスタイルで40種類以上を展開。甘さを調節できるメニューやタピオカの増量、チーズフォームなどのトッピングもあり、好みの味に仕上げることができる。人気メニューは定番の「ミルクティー」、特に10代に人気のソーダベース「LOVE!ペスカ」(以上380円)、ミルクベース「黒糖タイガー」(450円)など。このほか、ソフトクリーム、ぜんざい、豆乳スイーツ「豆花(トウファ)」に、タピオカ、サツマイモなどで作った団子「ユーエン」、愛玉子(オーギョーチー)ゼリー、仙草ゼリー、白玉、白キクラゲ、マンゴーなどをトッピングしたスイーツメニュー(480円~)を用意する。

 オーナーの鈴木一三さんは「ミルクティーベースの『鉄観音』『ほうじ茶』などもお薦め。店でお茶を炊いて作っているので味わってもらえれば。落ち着いたら季節に合わせた商品や台湾そばと小さなパフェをセットにしたフードメニューの展開も考えているので、ランチなどで気軽に利用していただければ」と話す。「客層は10代を中心に年配客や家族連れなどさまざまで、老若男女問わず利用するのはつかしんならではと感じる」とも。

 つかしんタウンクリエイトの篠塚龍さんは「つかしんの主要な客層の年齢も上がり、若い世代にアピールできるものをと考えていた。近隣に高校などもあり若者を呼び込む立地潜在能力は十分あると思う」と期待を込める。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加