食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

尼崎経済新聞上半期ランキング1位は食パン専門店「銀座に志かわ」兵庫初出店

「銀座に志かわ」店舗外観(イメージ)

「銀座に志かわ」店舗外観(イメージ)

  •  
  •  

 尼崎経済新聞の2019年上半期PV(ページビュー)ランキングは、「尼崎・塚口に食パン専門店『銀座に志かわ』 オープン控え予約開始」が1位に輝いた。

「グンゼタウンセンターつかしん」外観

 ランキングは今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 尼崎・塚口に食パン専門店「銀座に志かわ」 オープン控え予約開始(6/14)

2. 尼崎「グンゼタウンセンターつかしん」13周年 地元民憩いの場として親しまれ(4/16)

3. 尼崎の食パン専門店「プランテタナカ」が移転 無添加の食パンを提供(4/10)

4. 阪神尼崎のカニ食べ放題「どきどき水産」 秋まですしも食べ放題に(6/13)

5. JR尼崎に鶴見の人気パン2号店 定番から天然酵母ハード系まで60種(1/15)

6. 尼崎のソフトクリーム専門店「甘味873」営業再開 新メニュー続々(6/5)

7. 尼崎・杭瀬で街ぐるみ「つまみぐいラリー」 制限時間いっぱい、街ごと味見(3/12)

8. 尼崎の運河でナイトイベント 運河夜景つまみに生ビール、新ご当地グルメも(5/17)

9. 尼崎・西武庫公園でホタルが見頃 「ゲンジボタル」飛び交う(5/27)

10. 尼崎・塚口にカレー店「スパイスのこうちゃん」 手作り感ある看板が話題に(3/20)

 「銀座に志かわ」は、2018(平成30)年に東京・銀座で創業し関東圏を中心に支店を広げている食パン専門店。「パン激戦区」といわれる兵庫県に初出店したこともあり、大きな話題となった。3位に無添加食パン専門店「プランテタナカ」の移転、4位にカニ食べ放題店「どきどき水産」、5位に大阪・鶴見区の人気ベーカリー「Dank Brot(ダンクブロート)」の尼崎出店、6位にソフトクリーム専門店「甘味 873」、7位に商店街で行われた「つまみぐいラリー」、10位にカレー店「スパイスのこうちゃん」と、ランキングのほとんどをグルメ系の記事が占めた。

 2位は、大型スーパーや手頃な衣料品がそろう小売店、レストラン街、温泉施設、自然豊かな公園などを備え、地元住民憩いの場として親しまれている「グンゼタウンセンターつかしん」が13周年を迎えた記事がランクイン。1985(昭和60)年に日本初の郊外型複合商業施設として誕生した「つかしん」を前身とし、2006(平成18)年に「グンゼタウンセンターつかしん」としてリニューアルするまでの変遷や地域のニーズに沿った施設作りへの取り組みが読者の注目を集めた。

 8位に尼崎南部運河エリアで行われたイベント「キャナルフライデー」、9位に西武庫公園の「ゲンジボタル」、14位に尼崎の海で育つ魚やフィッシュシェアリングについて学ぶ「尼崎港クルーズで行く!尼崎産魚のおいしい食べ方」、16位に「尼崎城開城イベント」がランクイン。尼崎の自然環境や観光資源への関心の高さもうかがえる結果となった。

 今年10月で5周年を迎える尼崎経済新聞。今後も、広域尼崎圏の動向を「街の記録係」として、いち早く伝えていきたい。

  • はてなブックマークに追加