食べる 見る・遊ぶ

尼崎の森中央緑地で「森のマルシェ」 キッチンカーフェスや体験ブース

さまざまなジャンルのキッチンカーが登場(イメージ)

さまざまなジャンルのキッチンカーが登場(イメージ)

  •  
  •  

 「第1回 森のMARCHE(マルシェ)」が3月16日・17日、尼崎の森中央緑地(尼崎市扇町)大芝生広場で行われる。

木を使ったクラフト体験も(イメージ)

 臨海地域の工場跡地を「生物多様性」をキーワードに、県民の参画と協働により地域の郷土種を使って100年かけて森にする「尼崎21世紀の森構想」が進む同緑地で、特色ある森づくりを広くPRしようと開く。フードエリアや体験ブース、ステージショーなどさまざまな催しを展開する。

[広告]

 フードエリアは「キッチンカーフェスティバル」と題し、「無農薬玄米カレー コブカフェ」(カレー)、「PIZZA FREE」(石窯焼きピザ)、「ブランカ食堂」(フルーツジュース)、「FOOD TRUCK WALT」(ステーキ)、「龍馬の唐揚げ」(唐揚げ)、「BAR WISTERIA」(イベリコ豚丼)、「CHAPPI」(オムライス)、「OHANA食堂」(佐世保バーガー)、「uTa珈琲焙煎(ばいせん)所」(スペシャルティーコーヒー)など多彩なジャンルのキッチンカーが並ぶ。

 体験ゾーンは、サラブレッドとポニーが登場する「乗馬体験会」(300円~)、「ベンツ」の創始者カール・ベンツが1885(明治18)年に開発した世界初のガソリン自動車「ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン」を再現した車体の「展示&乗車体験」、コラッジョ川西サイクリングチームによる「自転車ライディングスクール」(16日のみ、500円)などの体験ブースを予定。「木工細工&森の案内ツアー」(4歳以上小学生以下が対象)やふわふわ遊具を用意する子ども向けエリア、「雑貨&ワークショップゾーン」も設ける。

 「ステージゾーン」出演は、16日=「みのり幼稚園」(お遊戯)、「風船使い たけむぅー」(バルーンアート)、「尼崎のお手玉の会」(お手玉演技)、「西宮きらきら母交響楽団アンサンブル」(演奏会)、17日=「人形劇団てんとう虫」(人形劇)、「コンブリオキッズチア」(チアダンス)、「横山あづさ」(歌とバルーンショー)、「サザナミグループ」(バンド演奏)、「タムトン&Pちゃん」(Jポップショー)。

 尼崎の森中央緑地管理事務所の濱村愛里さんは「キッチンカーのおいしいグルメや体験ブース、ワークショップなど盛りだくさん。大きな空の下で、1日たっぷり遊んでほしい。無料のシャトルバスも運行するのでぜひ利用して」と話す。

 開催時間は10時~15時。入場無料。無料シャトルバスは、JR立花・阪神武庫川両駅と会場を30分おきに運行する。

  • はてなブックマークに追加

尼崎経済新聞VOTE

どこのエリア情報がもっと知りたいですか?