天気予報

13

5

みん経トピックス

尼崎信用金庫本店でイルミ尼経1位は炭焼きステーキ店

尼崎のレトロ喫茶で住田理恵さん個展 障がい越え「心潤す」アート発信

尼崎のレトロ喫茶で住田理恵さん個展 障がい越え「心潤す」アート発信

住田理恵さん作「月のお遊び」

写真を拡大 地図を拡大

 尼崎・東難波の「画廊喫茶 蜜」(尼崎市東難波5、TEL 06-6481-3629)で12月15日から、住田理恵さんの個展「理恵凸凹(でこぽん) やくわり展」が開かれる。

住田さん。過去の個展の様子

 西宮在住の住田さん(43)は、障がい者としてさまざまな人の介護の手を借りながら過ごす日常の中で感じることを作品にし、発信し続けるアーティスト。2011年から創作活動を始め、年4回ペースで個展を開催している。

 今回の個展では絵画と紙粘土を使った造形作品17点、ポエム12点を出品する。住田さんは「テーマ『やくわり』に込めた意味合いは、全ての人が全てのことをやれるわけではなく、それぞれの人に役割があり、その役割を全うすればいい、という思い。作品を通じて、自分自身と対話する時間、大切な人を思い、対話する時間を持ってもらえたら」と話す。

 住田さんは「私がいること、私が何かやりたいと思うことで、誰かの負担になるのかな、と思ってしまう。それでも発信し続け、自分自身が少しでも幸せを感じながら日々を送ること、いろいろな背景を持つ自分が芸術で発信することで、いろいろな人たちの心を潤すことができるのでは」と期待を込める。

 会場となる「画廊喫茶 蜜」は約50年続く老舗店。ツタが生い茂り「ジャングルのような」外壁とレトロなインテリア、昔ながらのモーニングセットや定食で親しまれている。メニューはホットコーヒーやミルクティー、ココアなどのドリンク各種(350円~)、30年来の看板メニュー「にゅうめんセット」などモーニングセット各種(550円~、11時まで)、ランチには「本日のおすすめセット」「カツカレー」「ハヤシライス」「鍋うどんセット」(以上800円、コーヒー付き)などを用意する。

 会場では作品展示に加え、絵はがきや日めくりカレンダーなどのオリジナルグッズ販売も行う。営業時間は7時~17時(土曜は12時まで)。日曜定休。入場無料。ワンオーダー制。2018年1月11日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング