暮らす・働く

あまがさきキューズモールが新1年生に防犯ブザー 「地域で見守り」呼び掛ける

稲村尼崎市長への寄贈式

稲村尼崎市長への寄贈式

  •  
  •  

 「あまがさきキューズモール」(尼崎市潮江1、TEL 06-6493-5583)が3月22日、地元の新1年生たちにオリジナル防犯ブザー1480個を寄贈した。

人気キャラクターがデザインされ、ランドセルのチャームにもなる防犯ブザー

 「街は、おおらか。人は、ほがらか。」をブランドスローガンとする同施設では、2013年から地域と一体になって活性化を目指す「スマイルプロジェクト」を展開。ポイント還元によって図書館に絵本を寄贈するほか、乳がん検診啓発なども行っている。

[広告]

 第10弾となった「みんなのポイントで地元の新1年生に防犯ブザーを贈ろう!」プロジェクトでは、2018年3月から今年2月までの期間中、キューズモール4施設(あべの、あまがさき、みのお、もりのみや)で合計7万6012ポイント(1ポイント=1円に相当)の寄付が集まった。成果として、各施設の地元小学校41校に3867個の防犯ブザーを寄贈した。

 好評を受け、第11弾も「防犯ブザーを贈ろう!」プロジェクトを継続するほか、防犯啓発に役立つワークショップやクイズラリーなど、親子で防犯について学べるイベントも開催する予定。

 プロジェクト担当者は「地域の皆さまが子どもたちの安全について考え、行動できるきっかけになれば」と話す。

  • はてなブックマークに追加