見る・遊ぶ

尼崎城下で3日間のオープニング祝いの宴 全国から武将隊はせ参じる

グランドフィナーレはあまゆーずと武将隊のコラボコンサート

グランドフィナーレはあまゆーずと武将隊のコラボコンサート

  •  

 「尼崎城オープニングイベント」が3月29日~31日、尼崎城址公園と市立中央図書館で開催される。

演武に加え、歌やダンスなど多彩なパフォーマンスで魅了する神戸・清盛隊

 主催する市城内まちづくり推進課(TEL 06-6409-4146)の久木野恵美子さんは「平成最後の城が3月29日、ついに一般公開を迎える。特設ステージでのさまざまなパフォーマンス、ステージ外でもアトラクションやワークショップなど、子どもから大人まで楽しめるイベント満載の3日間。春休み最後の金土日は、尼崎城オープニングイベントへ」と呼び掛ける。

[広告]

 見どころは、全国から集結する「武将隊」の演武。武将隊は、城などの観光地で武者姿で来訪者を迎え、観光案内など地域PRを行う集団。現在では全国各地で結成されて活動範囲を広げ、神戸・清盛隊のように歌やダンスのハイレベルなステージを見せローカルタレントとして人気を集めるグループもいる。尼崎城の武将隊については「現時点では結成予定などは聞き及んでいない」と久木野さん。

 今回は、神戸・清盛隊、奥州・仙台おもてなし集団・伊達武将隊、熊本城おもてなし武将隊、名古屋おもてなし武将隊®が30日・31日にステージで演武を披露するほか、大阪城鉄砲隊が31日、火縄銃の演武と解説を行う。

 ステージではほかに、地元学生らが書道パフォーマンスと吹奏楽で開幕を宣言。歴史講座、バイオリンと津軽三味線のユニット「沙羅璃(しゃらり)」、貴布禰(きふね)や築地のだんじり保存会による「地車囃子(だんじりばやし)」など、ジャンルを超えて「城」テーマに合わせた音楽やダンスなどを展開する。尼崎を拠点に活躍する女性デュオ「あまゆーず」と武将隊の共演でフィナーレを迎える。

 ステージ外では、流鏑馬(やぶさめ)風射的や手裏剣道場を行う「戦国ワークショップ」、石垣ボルダリング、クレーンを使った空中散歩、子ども向けアトラクション「尼崎城ふわふわ」、だんじり展示、高校生らによる茶席での呈茶(ていちゃ)などを用意。キッチンカーも多数出店する予定。

 尼崎城に隣接し、石垣と白壁の外壁で城址公園のシンボルとなってきた中央図書館では31日、講座「徳川幕府によって築かれた尼崎城」を開講。滋賀県立大考古学教授で、城郭研究のエキスパートである中井均(ひとし)さんが登壇する。

 開催時間は各日共、11時~15時30分。入場無料。尼崎城の入城時間は9時~17時(受け付けは16時30分)。月曜定休(祝日の場合は火曜)。入城料は、一般・学生=500円、小学~高校生=250円。1階は無料。

尼崎経済新聞VOTE

どこのエリア情報がもっと知りたいですか?