食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

尼崎公式観光サイト「情たっぷりの城下町 ジョーのある町尼崎」開設

「情たっぷりの城下町 ジョーのある町尼崎」トップ画面

「情たっぷりの城下町 ジョーのある町尼崎」トップ画面

  •  

 「あまがさき観光局」が、市の観光をPRするウェブサイト「情たっぷりの城下町 ジョーのある町尼崎」を開設した。

老舗グルメや新スポットを掲載するパンフレット

 「あまがさき観光局」は、インバウンドの増加や尼崎城築城など尼崎市へ観光客を呼び込む大きな好機を迎えるに当たり、「尼崎らしい地域観光戦略の構築」を目指しさまざまな取り組みを推進しようと設立された外郭団体。一般公開を間近に控える尼崎城に加え、「人情(商店街や人)・愛情(グルメ)・旅情(史跡)・情熱(スポーツレジャー)・情景(工場夜景)・情緒(伝統文化)」といった多様な「ジョー」の意味合いを含んだ「ジョーのある町尼崎」をキーワードに、さまざまなPR活動を行っている。

[広告]

 あまがさき観光局の石原久士さんによると、昨年12月に尼崎城の情報やご当地グルメ、体験スポットなどさまざまな観光情報を掲載したパンフレット「尼崎城下町ガイド」を制作し、公共施設や市内のホテルなどで無料配布したという。「予想以上の方々に手に取ってもらっている。観光局が入る尼崎市開明庁舎1階に用意するパンフレットも頻繁に補充している」と笑顔を見せる。

 ウェブサイトは、城がたどった歴史や内部情報が分かる「尼崎ジョー徹底解剖」、城内で展示するVR(バーチャルリアリティー)予告動画「よみがえる尼崎城」などを盛り込んだ特集のほか、文化・レジャー施設、グルメ、ホテル、商店街の情報など、観光に便利なさまざまなコンテンツをそろえる。現在、近日公開となっている「観光プロモーション動画」「尼崎市内で楽しむグルメ」は2月中旬に公開する予定で、英語版サイトの制作も進めているという。

 石原さんは「パンフレットやサイトの制作にご協力いただいた商店街には、尼崎城の再建を祝う大きなバナーが取り付けられていたり、尼崎城にちなんだメニューを用意したりと、皆さん独自でさまざまな取り組みをされており、地域全体で盛り上げようという思いを感じる」と話す。「まずは『尼崎城市内認知100%』になるよう尽力し、全国へそして世界へ『チーム尼崎』となってPRしていきたい」とも。

尼崎経済新聞VOTE

どこのエリア情報がもっと知りたいですか?