見る・遊ぶ

阪神尼崎駅近くに「芝居小屋 遊楽館」 地元に愛される劇場に

「遊楽館」外観

「遊楽館」外観

  •  
  •  

 「芝居小屋 遊楽館」(尼崎市神田北通4、TEL 06-6417-0001)が、阪神尼崎駅近くへ移転オープンして4カ月がたった。

劇場内の様子

 2016年に大阪市十三でオープンし、オーナー・上田佳世さんの地元である尼崎へ昨年11月1日に移転。大衆演劇の専用劇場で、全国各地で活躍する劇団が月替わりで公演を行う。席数は約100席。

[広告]

 上田さんは「尼崎には昔から劇場があり、大衆演劇になじみがある地域。工事中の段階から『劇場ができる』と口コミなどで広まり、こけら落とし公演には子どもから年配の方まで幅広い世代のお客さまが来てくださった。駅からのアクセスもよく、これまでなかなか劇場へ通えなかったという方から『気軽に行けるのでうれしい』との声も頂いた」と話す。「尼崎城も完成し、これから阪神尼崎駅かいわいが活気づくと思う。地元に愛される劇場になれば」とも。

 上演時間は昼の部=12時~、夜の部=17時30分~。入館料は一般=1,600円(前売り1,300円)、中学生=1,200円、5歳以上小学生以下=1,000円、65歳以上=1,400円、障がい者割引=1,400円。

  • はてなブックマークに追加

尼崎経済新聞VOTE

どこのエリア情報がもっと知りたいですか?