食べる 買う

尼崎の商業施設に「台湾カフェ食堂 小陽春」 台湾カステラ、ルーローハンなど

優しい甘さでシュワッとした食感の「台湾カステラ」。1本丸ごと(780円、テークアウト限定)の販売にも対応。「数量限定で午前中に売り切れることも」と担当者

優しい甘さでシュワッとした食感の「台湾カステラ」。1本丸ごと(780円、テークアウト限定)の販売にも対応。「数量限定で午前中に売り切れることも」と担当者

  • 44

  •  

 「台湾カフェ食堂 小陽春(シャオヤンチュン)」が複合商業施設「グンゼタウンセンターつかしん」(尼崎市塚口本町4)にオープンして2カ月がたった。

店舗外観

 「ひがしまち南館」1階に、昨年12月18日にオープンした同店。店名は台湾語で「小春日和」という意味。店舗面積は約18坪。席数は30席。

[広告]

 メニューは、シュワッとした食感で一番人気の「台湾カステラ」(380円~)、台湾の代表料理「魯肉飯(ルーローハン)」(680円)、スープが選べる「排骨麺(パイコーメン)」(980円)、台湾の屋台グルメ「鶏排(ジーパイ)」(480円~)、台湾茶と自家製フルーツシロップを合わせたフルーツティー(380円~)、愛玉子(オーギョーチー)ゼリー入り台湾茶(320円~)、タピオカドリンク(360円~、以上税別)など。

 担当者は「ご飯からデザートまで幅広いメニューをそろえた、老若男女が楽しめる食堂。本場の味に忠実ながらも、日本人の口に合うよう少しアレンジを加えている。『また来店したい』と思ってもらえる雰囲気を心掛けていきたい」と話す。

 営業時間は10時~21時(緊急事態宣言中は20時まで)。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース