見る・遊ぶ 買う

尼崎の印鑑メーカーが「福袋」発売 大人から子どもまで楽しめる11種類を用意

「2021Sirusi福袋」イメージ。「多くの企業に協賛頂き、福袋誕生に至った。デザインに特化した商品を厳選している」と担当者

「2021Sirusi福袋」イメージ。「多くの企業に協賛頂き、福袋誕生に至った。デザインに特化した商品を厳選している」と担当者

  • 11

  •  

 尼崎・武庫之荘の印鑑メーカー「Sirusi(シルシ)」(尼崎市南武庫之荘5、TEL 06-4400-5418)で現在、「2021Sirusi福袋」を販売している。

「子ども福袋」イメージ

 「脱はんこ」への取り組みが進む中、「今こそはんこの魅力や楽しさを伝えたい」と企画。同社の人気商品で、アートのように文字をデザインする技法「タイポグラフィー」を用いた印章シリーズ「印グラフィー」や、子どもの手書き文字をデザインする「子ども銀行印」をメインにした福袋を用意する。

[広告]

 担当者は「はんこは事務的な用途だけではなく、便せんの封印や作品に添える落款(らっかん)印など幅広く活用できる楽しいもの。新しい年を迎えた今こそ『はんこの文化』をもう一度見直し、魅力を感じてもらいたいと考え、福袋を発売することになった」と話す。

 福袋は、ゆがみやひび割れに強い「くろがね樺」、半永久的に形状を保つという「プライムチタン」などさまざまな素材を使った印グラフィーをメインにした「ネーム印コース」(1万円~)、印グラフィーとシーリングスタンプがセットに「シーリングスタンプコース」(1万3,000円~)、子ども銀行印、人気アニメ「鬼滅の刃」デザインの印鑑ケース、「消しゴムはんこキット」などがセットになった「子ども福袋」(8,000円~)など、計11種類がそろう。

 福袋は、Sirusiオンラインショップで取り扱う。1月17日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース