見る・遊ぶ

尼崎のライブハウスがオンライン配信向けホールレンタル開始 ネット環境整え

新サービスイメージ。さまざまなジャンルのイベントが配信可能

新サービスイメージ。さまざまなジャンルのイベントが配信可能

  • 35

  •  

 阪神尼崎駅近くのライブハウス「尼崎Scope(スコープ)」(尼崎市神田中通2)が6月から、オンライン配信に特化したホールレンタルサービスを始めた。

イベント開催の様子。ライブや演劇、お笑いとさまざまなイベントに対応する

 バンド、アイドル、お笑い、演劇と幅広いジャンルのイベントに対応する「尼崎Scope」。新型コロナウイルス感染拡大の影響でさまざまなエンタメ活動が制限される中、多くの人が自宅で気軽にイベントを楽しめる場を創出しようと、配信に必要なカメラやネット環境を整え、新サービスを始動させた。

[広告]

 尼崎Scopeのオーナーは「ライブハウスは狭い空間でライブを楽しんでもらうのが基本だが、新型コロナの影響で『密』を避けなければならず、ライブハウスとして活動できない状況となっている。ホールをレンタルしていただいても、実際にライブができず延期や中止になっているので、無観客でも全国の方に楽しんでもらえるようネット配信を推奨していきたいと思っている。アーティストとお客さまをつなぐコンテンツが発信できるようサポートしていきたい」と話す。

 利用料は、準備から撤収を含めて3時間2万円(税別)。利用時間は12時~15時、15時~18時、18時~21時の3パターンを用意(時間外も相談可)。観覧無料・有料問わず、さまざまなジャンルのライブ、イベントに対応する。問い合わせはホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加