見る・遊ぶ

ホテルヴィスキオ尼崎が「ハローキティルーム」宿泊者にぬいぐるみ進呈

「ハローキティルーム」宿泊者に進呈されるオリジナルぬいぐるみ

「ハローキティルーム」宿泊者に進呈されるオリジナルぬいぐるみ

  • 53

  •  

 JR西日本ホテルグループ「ホテルヴィスキオ尼崎」(尼崎市潮江1、TEL 06-6491-0002)で1月から、「ハローキティルーム」宿泊客を対象にオリジナルぬいぐるみを進呈している。

ぬいぐるみのほか、ランチバッグ、歯ブラシ、ボールペン、ルームキーカードもプレゼント

 JR西日本では、新大阪~博多間を運行する「ハローキティ新幹線」やグッズ販売など、ハローキティとさまざまなコラボを展開しており、昨年10月から同ホテルにJRホテルグループ初となるハローキティをテーマとした客室「ヴィスキオの森ルーム」「おさんぽinKansaiルーム」の2部屋が誕生。全国からファンが訪れる人気スポットとなっている。

[広告]

 営業統轄部の竹田理紗子さんは「2部屋のデザイン原案は、ハローキティの大ファンである当ホテルスタッフが自ら手描きしたもの。当初はオープン記念として、グッズ販売されているハローキティが車掌姿になったぬいぐるみをプレゼントしていたが、すでにお持ちの方も多く『ここだけでしか手に入らないものを求めている』と考え、オリジナルを製作することになった。楽しみながらコラボ企画を進めており、スタッフ内でもキティファンが増えている」と笑顔を見せる。

 ぬいぐるみは、部屋に描かれたハローキティと同じデザイン。淡い茶色の目やひげ、ピンク色の大きなリボンと洋服が優しい印象を演出しており、足裏にホテル名とハローキティの文字が刺しゅうされ、お尻部分にオリジナルタグが付いた特別仕様となっている。

 宿泊予約を担当する若松千晶さんは「ぬいぐるみを手にされたお客さまからは『ピンク色がかわいい』と好評を得ている。全国から問い合わせも多く、海外からの宿泊予約もきている」と話す。営業統轄部・山川昭和部長は「『尼崎ってどんなところなの?』という方へ、尼崎をPRするフックになればとハローキティルームが誕生した。今後もレストランやカフェなどホテル内のさまざまな場所でコラボを展開していく予定」と話す。

Stay at Home