見る・遊ぶ

尼崎の商業施設で恒例イルミイベント 今年のテーマは「ウインターサーカス」

イルミネーションの様子。「存在感があるので、明るい時間に見ても『かわいい』のがポイント」と担当者

イルミネーションの様子。「存在感があるので、明るい時間に見ても『かわいい』のがポイント」と担当者

  •  
  •  

 「つかしんイルミネーション ウインターサーカス」が現在、尼崎の複合商業施設「グンゼタウンセンターつかしん」(尼崎市塚口本町4、TEL 06-6420-3300)カリヨンガーデンで開催されている。

フォトスポットの様子

 子どもから大人まで幅広く楽しめるイルミネーションとして、長年地元民に親しまれている恒例イベント。今年のテーマは「ウインターサーカス」。「白うさぎ団長」率いるサーカス団がさまざまな曲芸を繰り広げる様子を2万5000球のLEDライトを使って表現する。

[広告]

 イベント担当者は「年齢問わず楽しめ、一目でテーマが伝わるキャッチーなものを毎年考えている。昨年は白クマをモチーフにしたキャラクターをメインに据え、お子さまを中心に大変好評を頂いたことから、今年も動物のキャラクターを取り入れたいと思っていた。スタッフでアイデアを出し合った結果、『白うさぎ団長』を主役にした、見るだけで楽しい『サーカス』がテーマのイルミネーションを展開することになった」と話す。

 高さ4メートルの「白うさぎ団長」を中心に、イルミネーションの輪をくぐるライオン、光のボールに乗るゾウなどさまざまな動物キャラクターが曲芸を披露。動物を囲むように敷き詰められたイルミネーションの色が変化したり、白うさぎ団長の目の周りにある星や手に持ったステッキが定期的に光ったりするなどの仕掛けも用意。サーカスのテントや自転車に乗る白クマなどが装飾されたフォトスポットも設置する。

 担当者は「近隣施設にはない規模のインパクトとかわいさがポイント。お子さまから年配の方まで幅広く楽しめるので、皆さんお誘い合わせの上、来場いただければ」と呼び掛ける。

 点灯時間は17時~22時30分。来年1月13日まで。

  • はてなブックマークに追加