見る・遊ぶ

阪神・近鉄コラボツアーで尼崎城見学 怪獣ガサキングと記念撮影も

尼崎城

尼崎城

  •  
  •  

 郡山城と尼崎城を巡る「阪神・近鉄つながって10周年」記念ツアーが6月16日に開催される。

近鉄特急で、ガサキングに会いに行こう

 今年3月、阪神なんば線の開業と、阪神・近鉄の相互直通運転開始から10周年を迎えたことを記念して企画されているツアーの第4弾。「近鉄特急用車両22600系」をツアー貸し切りにし、阪神・近鉄沿線の名所や、普段は見ることができない非公開の場所などを訪れる。第1弾では「世界遺産 奈良唐招提寺 非公開『礼堂』特別拝観」、第2・第3弾は「お伊勢参りの旅」が企画され、人気を集めた。

[広告]

 第4弾となる今回は「普段は見られない郡山城跡 追手向櫓(おうてむかいやぐら)見学と平成最後の築城 尼崎城見学」。当日は奈良・大和郡山にある郡山城跡に集合し、通常は公開されていない追手向櫓をガイド付きで見学。貸し切り列車で尼崎へ移動し、3月に一般公開されたばかりの尼崎城へ。「尼崎城築城こぼれ話」を聴いた後、城を自由見学し、ツアー客を待ち受ける「アマの大怪獣ガサキング」と記念撮影し、解散となる。

 ガサキングの潜伏地・三和市場では、参加者限定の「記念缶バッジ」、撮影セットなど特撮関連の企画を用意し、ツアー客を迎える。

 旅行代金は、大人=4,500円、中高生=4,300円、子ども=3,300円。旅行代金には、近鉄郡山駅~阪神尼崎駅の往復運賃、近鉄線特急料金(片道)、尼崎城入場料が含まれる。

  • はてなブックマークに追加