見る・遊ぶ 学ぶ・知る

伊丹で「風呂」テーマにエコイベント 入浴法など「暖かく過ごす工夫」紹介

「おふろ部」による劇を上演

「おふろ部」による劇を上演

  •  

 「お風呂」をテーマにしたイベント「いたみでCOOL CHOICE(クールチョイス)~おふろに入って暖かく過ごそう~」が11月25日、東リいたみホール(伊丹市宮ノ前1)多目的ホールで行われる。

 日本政府が推進する、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減することを目標に、省エネ・低炭素型の製品やサービスの利用、ライフスタイルの選択など地球温暖化対策に資する「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」。伊丹市は今年4月、市長による「COOL CHOICE取り組み宣言」を行い、市民や事業者と共に温暖化対策を積極的に進めている。

[広告]

 同イベントは、COOL CHOICEの主要施策「ウォームビズ」の一つとして、暖房によるエネルギー使用量を削減するため、体全体を温める浴槽入浴を推進しようと開くもの。給湯器や浴槽など住宅設備の製造販売を行う「ノーリツ」(神戸市中央区)と大学による産学連携活動「おふろ部」に参加する甲南女子大の学生が、家庭で実践できるさまざまな「暖かく過ごす暮らしの工夫」について紹介する。

 ステージイベントとワークショップの2部構成。ステージでは、同大生による劇「おふろ王国ものがたり」を上演。肩凝り・腰痛をはやらせるため「おふろ王国」へやってきたコリコリ星人を風呂好きに変えるため王女と執事が奮闘する内容で、入浴効果の説明や参加者と一緒に行うストレッチ体操なども盛り込む。

 このほか、「環境に配慮したCSR企業と入浴剤メーカーLUSHの事例」「お風呂と睡眠の関係について」「お風呂の水が家庭に届くまで」「おふろ部の活動」についてまとめた内容の展示発表、過剰な暖房使用をなくすことで生まれる省エネ効果などについて語る「楽しいおふろレッスン『省エネ入浴法』」なども予定する。

 ワークショップでは、学生が講師となりアロマを使った入浴剤作り(材料費無料)をレクチャーする。イベント担当者は「ステージイベントではさまざまなお風呂の知識を楽しみながら学ぶことができ、ワークショップでは1人1つずつ入浴剤を作ることができる。自作の入浴剤でゆっくりぬくもっていただきたい」と話す。

 開催時間は13時~15時。参加無料、事前申込制。問い合わせ先は市民自治部環境政策室環境保全課(TEL 072-784-8054)。応募締め切りは11月20日。

尼崎経済新聞VOTE

どこのエリア情報がもっと知りたいですか?