見る・遊ぶ 学ぶ・知る

尼崎城で歴史講座「知識の城」 第1回テーマは「怪異学」

尼崎城

尼崎城

  • 15

  •  

 歴史講座「知識の城」が11月26日、尼崎城(尼崎市北城内)1階「まちあるきゾーン」で開かれる。

イベントチラシ。「尼崎城と歴史講座との親和性の観点から企画した」と大西さん

[広告]

 夜の尼崎城に専門家を招き行う歴史講座。第1回となる今回は、「怨霊たちのその後~怪異学の視点から~」と題し、怪異学の権威で園田学園女子大・短期大学長の大江篤さんが講師を務める。

 尼崎城「家老」の大西淳浩さんは「怨霊や妖怪など、怪異の世界の『真の姿』を追う内容となっている。一方通行で学ぶ講座も多いが、質問を中心に据えて講師にも面白がってもらうことで、ほかとの差別化を図りたい」と話す。「今後も、古代のトイレ事情や『連歌と戦国武将』などさまざまなテーマを予定している。皆さまの知識欲を満たす企画を考えたい」とも。

 開催時間は19時~21時。参加費は1,000円。事前申し込み制で、定員の40人に達し次第締め切る。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース