食べる

都ホテル尼崎で「新スタイル」ビュッフェ ラウンジでは「イチゴスイーツ」も

「ハンバーグステーキ&ハーフブッフェ」イメージ。ビュッフェは野菜を中心としたさまざまな料理がそろう

「ハンバーグステーキ&ハーフブッフェ」イメージ。ビュッフェは野菜を中心としたさまざまな料理がそろう

  • 15

  •  

 都ホテル尼崎(尼崎市昭和通2)の「レストラン アゼリア」(TEL 06-6488-4963)で4月1日から、「ハンバーグステーキ&ハーフブッフェ」が始まった。

土曜・日曜・祝日時、ディナータイム(再開未定)のみ、「オマールテールのソテー ハーブ風味のタルタルソース」が付く。「お一人での予約・来店のお客さまには、ワンドリンクが付く特典も用意」と同ホテル担当者

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、先月2日よりビュッフェ形式での料理提供を休止していた同店。飛まつ防止のアクリルスタンド、ビュッフェ台のスニーズガード、使い捨ての「ウイルスブロックおしぼり」や手袋の用意、定期的なトング交換、検温の実施などさまざまな感染防止対策を行った上で、メインディッシュ1皿に食べ放題のハーフビュッフェが付く「新スタイル」の導入を決定した。

[広告]

 メインディッシュは、「きのこデミソース」「オニオンソース」「アボカドポン酢」「おろしポン酢」の4種類のソースが選べる「国産牛ハンバーグステーキ」。ハーフビュッフェは、オードブル、スープ、サイドディッシュ、サラダバー、カレー、中華粥(がゆ)、パン、デザートなど多種多様な料理がそろう。

 料金は平日=大人2,640円、小学生1,870円、4歳以上(ハーフビュッフェのみ)990円。土曜・日曜・祝日=大人3,850円、小学生2,750円、4歳以上(同)1,430円。「ハンバーグトッピング(アボカド・エッグ・チーズ)」(350円増し)、「ブラックアンガスビーフステーキ」(メイン変更=910円増し、ハンバーグとのダブルオーダー=1,360円増し)などのオプションも用意する。5月31日まで。担当者は「当面はランチ営業のみで、ディナータイムの再開は未定。詳しくはお問い合わせいただければ」と話す。

 同ホテル1階「ザ・ラウンジ&ケーキショップ」(TEL 06-6488-4961)では、イチゴを使った期間限定メニューを展開。定番の「イチゴのショートケーキ」(490円)、春の訪れをイメージしたという「ジェルメ」(530円)、モンブランのようにイチゴクリームを絞った「イチゴのプレートパフェ」(1,330円)などを用意する。4月30日まで。

 営業時間は、「レストラン アゼリア」=11時30分~14時30分。「ザ・ラウンジ&ケーキショップ」=10時~18時。状況により営業時間が変更になる場合あり。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース