食べる 買う

尼崎に「牛たん弁当専門店 よし家」 武庫之荘の「牛たん割烹 和吉」姉妹店

「炭火焼き牛たん弁当」。弁当には、唐辛子を自家製みそに漬けた仙台名物「南蛮みそ」も付く。「辛味が牛タンによく合う一品で『これだけ売ってほしい』というお客さまもいらっしゃる」と吉田さん

「炭火焼き牛たん弁当」。弁当には、唐辛子を自家製みそに漬けた仙台名物「南蛮みそ」も付く。「辛味が牛タンによく合う一品で『これだけ売ってほしい』というお客さまもいらっしゃる」と吉田さん

  • 23

  •  

 尼崎・塚口の「牛たん弁当専門店 よし家」(尼崎市南塚口町3、TEL 06-6435-8607)が、オープンから3カ月を迎えた。

店舗外観。「車通りの多い道路に面しているため、トラック運転手の方も『運転中気になったので』とよく来られる」と吉田さん

 尼崎・武庫之荘に店を構える「牛たん割烹 和吉(わきち)」(尼崎市武庫之荘1)の姉妹店として、8月29日にオープンしたテークアウト専門店。和吉の店主・吉岡和彦さんは「紀州備長炭で一枚一枚丁寧に焼き上げている。時間は掛かるが、店の味を家庭で楽しんでいただければ」と話す。店舗面積は5坪。

[広告]

 「牛たん弁当専門店 よし家」の店主は、吉岡さんの修業仲間である吉田仁司さんが務める。「緊急事態宣言を受け、『自粛を余儀なくされている方々に少しでも喜んでもらいたい』と、10年前に宮城県仙台市で食べた牛タン弁当を思い出し、4月5月に和吉でも弁当を販売した。お客さまから大変好評を頂いたことから、修業仲間の吉田さんに声を掛け『出店への思い』にも賛同してもらい、決意が固まった」と吉岡さんは振り返る。

 メニューは、1日60食限定の「炭火焼き牛たん弁当」(1,400円)、牛タンミンチ100%の「牛たんおろしハンバーグ弁当」「牛たん角煮弁当」(以上900円)、「炭火焼き牛たん丼(タレ)」(950円)、「牛たんカレー」(850円)など。吉田さんは「注文を受けてから焼き上げるので予約がお勧め」と話す。

 吉岡さんは「ゆくゆくは、団体予約や配達にもできる限り対応していきたい。外出を控えるなど自粛を続けている方々に、少しでも楽しみを届けることができれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は、昼=11時~14時、夜=17時~20時。木曜・金曜昼定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース