3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「尼崎城チャンネル」開設 城の魅力や周辺エリアの情報を発信

「尼崎城チャンネル」キャプション画像

「尼崎城チャンネル」キャプション画像

  •  
  •  

 尼崎城と周辺エリアの魅力を発信する「公式尼崎城チャンネル」が、6月5日に開設された。

小林さんがスマホで撮影するこつを伝授

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための休館を経て、5月23日より感染防止対策を徹底した上で営業を再開した尼崎城。再開を喜ぶ声が多数寄せられているといい、徐々に活気を取り戻しつつある。担当者は「再開を待っていたという声を頂いている。『新型コロナウイルスを心配した子どもが同居しようと言ってきた。尼崎を離れる前に思い出になる場所として尼崎城を訪れた』という方も多数いらっしゃった」と話す。

[広告]

 そんな中、今後の「ポストコロナ」を見据えた新たな取り組みとしてスタートした「公式尼崎城チャンネル」。尼崎城女性スタッフが案内役を務め、城内の様子や歴史、近隣エリアなどを紹介する。「リモートで尼崎城の魅力を発信するため、チャンネルを開設した。城内にスタジオを設け、情報を発信する準備も進めている」と担当者。

 動画配信第1弾は「尼崎城をスマホで撮ってみよう」と題し、尼崎市在住のカメラマン・小林哲朗さんを講師に招き、撮影のこつをレクチャー。「尼崎城は平地に築かれた『平城』。山や坂を登ることもなく、駅から徒歩5分という立地のよさから、老若男女問わず気軽に訪れることができる。来城した多くの皆さんがまず行うことは写真撮影なので、実際に足を運ぶきっかけになると考えた」と担当者。

 このほか、小林さんが望遠レンズを使って撮影するこつを伝授する「尼崎城を一眼レフカメラで撮ってみよう」、尼崎城址(じょうし)公園北側にある子ども向け遊具を紹介する「児童公園をご紹介します」も公開中。「櫻井神社と尼崎城の関係は?」「城内の1階は無料で楽しめます」「尼崎城を支える人はこんな人たち?~お待ちしています~」なども、公開を控えている。

 担当者は「7分程度の短い動画の中で、城の魅力や面白さ、周辺情報などを当城女性スタッフが一生懸命お伝えしている。ぜひ応援して」と話す。

Stay at Home