食べる

尼崎に牛カツ専門店 厚切り赤身カツを卓上で「石焼き」、和歌山から兵庫初進出

牛かつ定食

牛かつ定食

  •  
  •  

 牛カツ専門店「うし寅(とら)」(尼崎市西長洲町1、TEL 06-6488-5288)がJR尼崎駅近くにオープンして2カ月がたった。

店長の門さん

 和歌山・岡北ノ丁で2017(平成29)年に開業し、昼時には行列のできる人気牛カツ専門店。厚切り赤身牛肉をレアに揚げたカツを客が石板で好みの程度に焼き、熱々を食べるのが特長。昨年7月、2号店となる大阪・岸和田店を開き、尼崎店は3店舗目となる。店舗面積は約20坪、席数はカウンター12席、テーブル8席の計20席。

[広告]

 メニューは「牛かつ」(小=1,000円、中=1,200円、大=1,400円)、ご飯、みそ汁、とろろがセットになった「牛かつ定食」(小=1,400円、中=1,600円、大=1,800円)のみ。つけだれとしてしょうゆ、わさび、岩塩、卵黄とのりが入った特製だれの4種類が付き、テーブルにトッピング用のフライドガーリックを常備する。ドリンクメニューはビール(中瓶=500円、生=400円)、チューハイ(350円)、黒ウーロン(200円)、コーラ(150円)。

 店長の門(かど)優花さんは和歌山出身。「和歌山の本店に入社して2年で尼崎店を任され、初めての街でドキドキしている。衣が薄く、上質な赤身肉なのでやわらかくあっさりした味わい。帰り際に呼び止め『おいしかったよ』と声を掛けてくれるお客さまもいる。これからも笑顔で食べて、笑顔で帰ってもらえる店を目指したい」と笑顔を見せる。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時30分~22時。水曜定休。駐車場は4台。

  • はてなブックマークに追加