食べる

尼崎に「赤から」 市内初出店、「3世代ファミリーで鍋つつける」店へ

店舗外観

店舗外観

  •  
  •  

 「赤から 尼崎店」(尼崎市浜1、TEL 06-6498-0193)がJR尼崎駅近くにオープンして2カ月がたった。

赤から鍋

 名古屋を発祥とし、全国に約260店舗を展開する「赤から」。兵庫県では神戸の4店舗、西宮・三田・明石に次ぐ8店舗目。市内初出店となる。店舗面積は約140平方メートル、席数は152席。

[広告]

 「やみつきになる、クセになる鍋」をコンセプトに開発したうま味と辛味のある「赤からみそ」を使った鍋料理と、プリプリとした食感の「鶏せせり焼き」などの焼き肉料理を中心に提供する。県内の系列店として初めて最新型のダクト付きロースターをテーブル席に備え、煙や匂いをあまり気にすることなく目の前で焼き肉や鍋を楽しめる。

 看板メニューの「赤から鍋」(990円)は辛さレベル「赤0~10番」から選べ、9種類の具材入り。トッピングとして「野菜盛り合わせ」「肉盛り合わせ」(以上590円)、エビ水ギョーザ、マロニー、トッポギの「人気トッピング盛り」(490円)などを用意。鍋の締めには「チーズリゾット」(390円)が特に女性から人気が高いという。

 焼き肉メニューは、鶏せせり、鶏皮赤、本日の1品の「名物3種盛り」(1,090円)、上カルビ、ロース、ハラミの「牛3種盛り」(1,590円)、「国産牛ホルモン」(塩・みそ、各650円)など。一品料理も幅広く用意する。

 ドリンクメニューは生ビール(500円)、サワー(400円~)、カクテル(490円)、日本酒(580円~)焼酎、ウイスキー、ハイボール(以上420円~)、ソフトドリンク(290円~)、お子さまドリンク(60円)など。飲み放題(90分、1,500円)も用意する(価格は全て税別)。

 店主の徳永憲治さんは同地で9年間、焼き鳥店を経営し、10年目を迎えて「赤から」にのれん替えした。「これまでの常連さんに加え、赤からファンのお客さん、特に女性のお客さんが予想を大きく上回るほど来店してくれて、驚いている」と徳永さん。「掘りごたつ式の座敷席が48席もあるので、グループの宴会でもゆったり過ごしてもらえる。3世代ファミリーで、小さな子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで一緒に焼き肉と鍋をつついてもらえたら」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時~24時(土曜・日曜・祝日は16時~)。

  • はてなブックマークに追加

尼崎経済新聞VOTE

どこのエリア情報がもっと知りたいですか?