食べる

阪急武庫之荘にカフェ新店 「フードコートのような店目指す」

週替り定食(取材日はローストビーフ)

週替り定食(取材日はローストビーフ)

  •  

 カフェ「はなび」とソフトクリーム専門店「甘味873(はなび)」(尼崎市南武庫之荘3、TEL 06-6423-8355)が、阪急武庫之荘駅南側に同時オープンして1カ月がたった。

「ずんだソフト」

 散策路やアスレチック遊具などがあり、近隣住民の憩いの場となっている「大井戸公園」そばに9月7日にオープンした両店。年配の男性客や主婦、子連れの家族など、幅広い利用客でにぎわう。

[広告]

 カフェ「はなび」の店舗面積は約14坪。席数17席。人気メニューは、店長の細川佳寿子さんが肉の下処理から始め、2時間かけて仕込む「ママのカレー」(750円)、ローストビーフや豚肩ロースのしょうゆ煮などがある「週替り定食」(800円~)など。このほか、「サンドイッチ」(500円~)、日替わりの汁物が付く「おにぎりセット」(500円)、甘味873のソフトクリームを使ったパフェ(750円~)といったさまざまなメニューを用意する。細川さんは「時間に関係なく全てのメニューいつでも注文可能で、事前予約も受け付ける。店内でパーティーやワークショップなど開いていただいても」と話す。

 「甘味873」は、テークアウトのソフトクリーム専門店。両店のオーナー・麻生大昌さんの妻、静誉さんが店長を務める。シンプルな「プレーン」(300円)をはじめ、「ストロベリー」「マンゴー」(400円)、「キャラメルナッツ」、「杏仁(あんにん)ココナッツ」(550円)など、トッピング数十種類をそろえる。一番人気は、ずんだ餡(あん)ともちっとした食感の白玉が味わえる「ずんだソフト」(550円)。このほか、チョコをコーティングした「パリパリチョコ」(450円)、「渋皮マロン」(550円)も人気だという。静誉さんは「トッピングの相性を考え、ソフトクリームの甘さを控えめにしている。なぜかずんだが人気で、たくさん仕入れたにも関わらず在庫がなくなってきている。今年の提供はなくなり次第終了になるかも」と笑顔を見せる。

 麻生さんは「ソフトクリームの季節限定メニューは、旅先で出合った素材を取り入れている。来年には愛媛の『甘平』というミカンを使ったメニューが登場する予定。近々果物がおいしい軽井沢へも行くので、もっとメニューが増えているかも。今後は、カフェ閉店後に日本料理店やバーを営業して、フードコートのようにさまざまな料理を1店舗で楽しめる場所にしていけたら」と話す。

 カフェ「はなび」の営業時間は7時30分~15時。日曜・月曜定休(閉店後と定休日はイートインスペースとして開放する)。「甘味873」の営業時間は13時~19時(土曜・日曜・祝日は11時~)。水曜定休。

尼崎経済新聞VOTE

どこのエリア情報がもっと知りたいですか?