見る・遊ぶ

尼崎でライブイベント「尼ソニック」 今年は「サブステージ」をグレードアップ

多くの人でにぎわう様子(昨年の様子)

多くの人でにぎわう様子(昨年の様子)

  •  

 「尼ソニック2018」が10月13日・14日、阪神尼崎駅前の尼崎中央公園で開催される。

マイカー点検教室の様子(昨年の様子)

 「尼崎にグレードの高い音楽祭を」との思いから、市内の音楽好き有志と、マイカー点検啓発を行う県自動車整備振興会尼崎支部の共催で開く同イベントは、今回で6回目。昨年は市内外から約2万人が訪れ、大きなにぎわいを見せた。

[広告]

 メインステージでは、ハワイのグラミー賞と呼ばれる「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」でベスト・インターナショナル・アルバム賞を受賞した「Ukulele Swing Trio」、国内外で活動するロックバンド「BrighNation」、琉球音楽をベースにしたファンクに手話を合体させた「nada」、踊れる新型パブロックサウンドを奏でる「ジャイアン&フライデーナイツ」ら数十組が登場する。

 サブステージでは、関西を中心に活動するポップロックバンド「Pin-Key&Diamonds」、モデルとしても活動するシンガー・ソングライター村田雅美さん、女子大生シンガー副島美羽さんらが出演。イベント実行委員長の辰野斉さんは「メイン、サブいずれも素晴らしいアーティストが出演するが、私のお気に入りはメインステージに登場する『鈴木企画』で、演奏時間90分をお願いしている。今回からサブステージを本格的に立ち上げ、運営をレベルの高いプロデューサーに任せている」と話す。

 辰野さんいわく「出演者から『毎年クオリティーが高い』と好評を得ている」というフードブースは、イタリアン「カサレッチョ」「焼き鳥鳥十」「中華そば虎勝」「キャベツ焼き元樹」など、尼崎の飲食店を中心に十数店舗が出店。このほか、手作り雑貨などが並ぶ物販ブースや、ダブルダッチチーム「FatmanCrew」、ジャグリング「笑顔配達人ひかる」、チャイニーズポールを使ったショーを繰り広げる「STUDIO-TOTOLA」らが出演するパフォーマンスエリアなども設ける。

 辰野さんは「メインステージに約1000席、サブステージに100席の椅子、テーブルを用意している。フードブースで好きなものを選んで、食べて飲んでレベルの高い音楽を聞いてほしい。料理を持参してもOKなので、自由に楽しんで。イベント運営費補填(ほてん)のため、会場内で実行委員会が生ビールを400円で販売しているので、そちらもご協力いただけたら」と話す。

 開催時間は10時~21時。恒例の「マイカー点検教室」は14日10時~12時、パフォーマンスエリアで開催。入場無料。