見る・遊ぶ 暮らす・働く

あまがさきキューズモールに「ドクターストレッチ」 尼崎初出店

「自分で動かせないインナーマッスルにアプローチする」と出野さん

「自分で動かせないインナーマッスルにアプローチする」と出野さん

  •  

 あまがさきキューズモール(尼崎市潮江1)1階に、ストレッチ専門店「Dr.ストレッチ」(TEL 0800-600-9696)がオープンして1カ月がたった。

施術台ではトレーナーに身を委ねるだけ

 一人では伸ばすことが難しいコアの筋肉(深層筋)にトレーナーがアプローチする元メジャーリーグトレーナー考案の独自技術で体のメンテナンスを行う同店。平昌パラリンピックのスノーボード種目金メダリスト、成田緑夢選手や、元サッカー日本代表で現在名古屋グランパスで活躍する玉田圭司選手など有名アスリートのサポートも行っている。全国で121店舗を展開するほか、中国、シンガポール、台湾にも支店を拡大している。尼崎市内では初出店となる。

[広告]

 国内では3店舗目となる海外店舗と同じデザインを採用し、海外のサッカースタジアムのシートをイメージしたという待合スペースや、人工芝を敷き壁一面が鏡張りのストレッチルーム、トレーナーのユニホームやアップテンポなBGMなどでスポーティな空間を演出する。

 ストレッチメニューは、部分的なアプローチやむくみ予防を目的とする40分のコース、全身のケアを行う60分・90分・120分のコースを用意する。トレーナーは客と会話しながら姿勢や柔軟性をチェックし、客の悩みに応じてストレッチを行う。自宅でも継続できるよう、セルフストレッチもアドバイスする。

 取材当日、訪れていた伊東富士子さん(54)は「店長の出野さんが大阪・上本町店にいた時から世話になり、週に1~2回のペースで1年通っている。最初は15分の体験コース(500円)を店頭で勧められて何気なく受けてみた。初めは痛かったが通ううちに楽になり、代謝がよくなったのか1年を通して体重が計20キロ落ちた。足が痛まなくなったのでウオーキングも始め、人生が変わった。何でもやってみたいと思えるようになった」と笑顔を見せる。

 店長の出野康太さん(26)は「仕事の疲れが取れない、慢性的に凝っているといった悩みを持つ、30代~50代のお客さまが多い。ここではストレッチを生活の一部として習慣にしてもらうことを目指している。若々しく、健康な体をキープしたい人、今の体を変えたい人に一度試してもらいたい」と話す。

 営業時間は10時~21時。料金は、40分=4,600円、60分=6,600円、90分=9,700円、120分=12,800円。4月末まで初回利用に限り、60分=2,880円、90分=4,980円。