食べる 暮らす・働く

JR尼崎駅前にイタリアン「アルポンテ」 元コンビニ店長が構想実現

イタリアのカフェバーをイメージした店の外観

イタリアのカフェバーをイメージした店の外観

  •  

 JR尼崎駅前に「イタリア郷土料理とワイン アルポンテ」(尼崎市潮江1、TEL 06-6495-1141)がオープンして1カ月がたつ。

ゆったりと広い店内。奥の壁にはヴェッキオ橋の素描が飾られている

 500度の窯で一気に焼き上げるナポリピザを中心に、定番パスタやイタリア各地の郷土料理、ワインなどを提供する同店。店舗面積は90平方メートル、席数はカウンター・テーブル合わせて計46席。

[広告]

 店主の立木昇さん(42)は名古屋出身。コンビニ関連の会社勤務を経て、同所にあったコンビニで店長を4年間務めた。「コンビニ店長としてまちを眺めながら、ここでたくさんの人が気軽に集える店をやりたいと構想を抱いた」と振り返る。「店名のアルポンテ(=イタリア語で橋)はまちの人々の架け橋になるように、また妻の家族が代々受け継いだこの地を次の世代へ渡す橋に、という意味も込めた」と話す。

 落ち着いたウッディ調で統一した店内は、ベビーカーや車椅子でもゆっくりとくつろげるようにテーブルの間隔を広く取り、カウンター席と壁際の席にはコンセントを設置。Wi-Fiも近日中に導入予定という。入り口横にあるピザのテークアウト用窓口にはたばこを陳列し販売も行うが、店内は禁煙。店の奥に喫煙ルームを用意した。

 ランチメニューは「本日のピッツァランチ」(980円)、「本日のパスタランチ」(1,080円)、5種類の惣菜が付いた「アンティパストランチ」(1,280円)、肉料理と総菜3種が付いた「お肉のランチ」(1,480円)を用意。それぞれミニサラダ、スープ、バゲット(ピッツァランチを除く)が付く。

 15時~17時はカフェタイムとし、ソフトドリンク(350円~)とドルチェ(380円~)各種、ドリンクとドルチェのセット(650円)を用意。「ゆっくり過ごしてもらいたくて」ホットコーヒーは2杯分の量をフレンチプレスで提供する。

 ディナーメニューは、「マルゲリータ」(880円)、女性に特に人気という「フォルマッジョ」(1,380円)などのピザ11種を用意するほか、人数に応じて注文できる「前菜の盛り合わせ」(1人前780円~)、「おばあちゃんのポルペッテ(肉団子のトマトソース)」(580円)、「ムール貝の白ワイン煮」(880円)、パスタ・リゾット各種(980円~)など。

 ドリンクメニューは、ビール、カクテル、サワー各種(380円~)、赤・白ワイン各種(グラス450円~、ボトル2,500円~)、ソフトドリンク各種(300円~)。ワイン発祥の地とされるジョージアの「オレンジワイン」(630円)も入荷したばかりという。価格は全て税別。

 営業時間は11時30分~24時。