天気予報

24

20

みん経トピックス

伊丹でヒメボタル鑑賞ツアー阪神尼崎にネパール料理店

尼崎・武庫之荘にクレープリーカフェ 北海道産そば粉使ったガレットなど提供

  • 0
尼崎・武庫之荘にクレープリーカフェ 北海道産そば粉使ったガレットなど提供

「ハムとチーズのコンプレット」

写真を拡大 地図を拡大

 尼崎・武庫之荘に「クレープリーカフェvivi(ヴィヴィ)」(尼崎市武庫之荘6、TEL 06-6433-8787)がオープンして3カ月がたった。

「メープルバターとブレンドシュガーのシュクレ」

 店主の川本明さんが、独自にクレープを研究していたという知人のシェフと共にオープンした同店。北海道産のそば粉を使ったガレットや、エスプーマで泡立てた生クリーム、オリジナルのブレンドシュガーで作るクレープなどを提供する。店舗面積は12坪、席数は12席。

 白い壁と木目が基調の店内は、居酒屋だったという居抜き物件を「ウッディな温かみ」を意識し改装したという。中央にはテークアウト用の窓口とクレープを焼くキッチンを設ける。「キッチンは作業を間近で見ることができるので、クレープが焼き上がる様子を子どもたちが楽しそうに眺めている」と川本さん。

 人気のクレープは「苺(いちご)とカスタードホイップ」(550円)。店内のみで提供する「ハムとチーズのコンプレット」(680円)、「メープルバターとブレンドシュガーのシュクレ」(480円)もよく出るという。ランチタイムは日替わりガレットにスープとドリンクが付く「viviランチメニューセット」(680円~)、ディナータイムは好きなクレープが選べる「ライトディナーセット」(980円)といったセットメニューも用意する。

 立地が住宅街ということもあり、客層は近隣に住む主婦や孫を連れた年配客などが中心だが、休憩中や仕事帰りの男性客も多いという。川本さんは「落ち着いた雰囲気の店内で、スタッフが男性ばかりなので入りやすいのかもしれない」と分析する。

 「こんなクレープが食べてみたい」といった客からの要望を反映し、新メニューとして販売するなど、客の声を積極的に取り入れている同店。これまでに3種類のメニューが誕生している。「採用されれば1カ月食べ放題サービスもあるので、夢のクレープ案を寄せていただければ」と川本さん。今後の展望については「夏に向けて『エスプーマかき氷』の販売も予定している。これからもここでしか味わえないものを提供し、お客さまを楽しませていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング