食べる

尼崎・居酒屋店、常連客考案の「人気裏メニュー」が表メニューに

「本マグロ極み」顔と比べてもこの大きさ

「本マグロ極み」顔と比べてもこの大きさ

  • 0

  •  

 阪急塚口駅南側にある「美味饗宴華の居酒屋 幸ぜん」(尼崎市南塚口町1、TEL 06-7174-4972)で8月から、新メニュー「本マグロ極(きわ)み」の販売が始まった。

しょうゆさしからあふれるほど

 同店は2012年5月、河野有城さん、方雅さん兄弟がオープン。店名は幸を読まずに「ぜん」。父親が尼崎で40年営んでいたすし店「すし幸(こう)」から取ったもので、「ロゴマークのようなもの」と有城さん。カウンター6席、テーブル18席。

[広告]

 店の主力は、瀬戸内や明石、淡路などから仕入れる「旬の魚」。魚料理がメニューの9割を占める。「あの魚をこんな風にして食べたい」など、客からの要望にもできる限り対応する。「魚は絶対ここで食べる」というリピーターも多く、来店する客の8割が予約客だという。

 「本マグロ極み」(1,980円)は、「赤身からトロへ向かうグラデーションをそのまま食べたい」という常連客のリクエストから誕生。本マグロのブロックを部位別に「柵(さく)取り」せずそのままカットし、赤身、中トロ、トロすべて1枚の刺し身で味わえる。「裏メニュー」的な存在としてひそかに人気となっていたが、「客が喜んでくれるなら」と表メニューとしての提供が決定。表メニューだが、マグロの仕入れ状況で提供できる量が決まるため、「なくなり次第終了」となる。方雅さんは「このメニューは原価関係なく提供している。『赤字料理』というやつです」と笑う。

 「活あじバッテラ」(980円)、「帆立のカツオ酒盗和(あ)え」(480円)、「明石焼き風だし巻き」(580円)、「帆立とカニ身のグラタン」(880円)、「海鮮いろいろ茶そば」(980円)など創作料理や、「海鮮寄せ鍋コース」(4,000円)、冬季限定の「とらふぐ一匹コース」(2~4人前、16,800円)といった宴会コースも用意。ドリンクメニューは「生ビール」(480円)、「チューハイ」(400円~、以上税抜き)のほか、全国から取り寄せた魚料理に合う地酒を20~30種類そろえる。

 方雅さんは「魚を目当てに遠方から来店する人や、お盆で帰省した際に毎年利用してくれる人も。これからも値段以上の内容を提供していけたら」と話す。「大事な人と食べにきてほしい。接待やデートなど『勝負』がかかったときにもぜひ。ほかとは違うものが食べられる店だと紹介できると思う」とも。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時~23時30分。水曜定休(日曜・祝日はディナータイムのみ営業)。

  • はてなブックマークに追加