見る・遊ぶ 学ぶ・知る

尼崎のアートスペースで「忍たま乱太郎」グッズ集めた展覧会 500点以上展示

ずらりと並ぶぬいぐるみ。館内は「忍たま乱太郎」の世界が広がる

ずらりと並ぶぬいぐるみ。館内は「忍たま乱太郎」の世界が広がる

  • 38

  •  

 展覧会「乱太郎とグッズの世界 その壱」が現在、尼崎・西長洲のアートスペース「あまらぶアートラボA-Lab(えーらぼ)」(尼崎市西長洲町2、TEL 06-7163-7108)で開催されている。

「一年は組」の教室を再現

 尼崎在住の漫画家・尼子騒兵衛さんの作品「落第忍者乱太郎」と、同作を原作とする人気アニメ「忍たま乱太郎」のさまざまなグッズを紹介する展覧会。ぬいぐるみやゲーム、カレンダー、イベントのノベルティーなど500点以上を展示する。

[広告]

 グッズのほか、忍術学園「一年は組」の教室を再現した体験コーナー、来場者が自由に交流できる黒板などを用意。曜日ごとにデザインが変わる「オリジナルしおり」の配布や、来館するともらえる「限定カード」を尼崎城で提示すると、入城料が2割引きになる「尼崎城×A-Labコラボキャンペーン」なども行う。

 11月の毎週金曜は、関西圏の美術館や博物館などの開館時間を延長する取り組み「KANSAI NIGHT MUSEUM」として、20時まで開館。延長時間のみ配布されるオリジナルしおりも用意する。11月27日は、あましんアルカイックホールで上演される「ミュージカル忍たま乱太郎」終演後に展覧会を観賞できるよう21時まで開館する。

 担当者は「忍術学園の教室を模した部屋や懐かしのグッズなど数多く展示している。乱太郎たちの世界を楽しめる内容となっているので、足を運んでいただければ」と呼び掛ける。

 開館時間は、平日=11時~19時、土曜・日曜・祝日=10時~18時。11月の金曜は20時(27日は21時)まで。火曜休館。12月6日まで。