食べる

ホテルヴィスキオ尼崎のレストランが平日営業再開 新メニュー続々

牛ヒレ肉を使った「ビフカツ」など計8種類の新メニューを用意。「お客さまから『ランチの営業を待っていた』『ご飯がおいしい』とうれしい声が届いている」と担当者

牛ヒレ肉を使った「ビフカツ」など計8種類の新メニューを用意。「お客さまから『ランチの営業を待っていた』『ご飯がおいしい』とうれしい声が届いている」と担当者

  • 17

  •  

 JR尼崎駅前「ホテルヴィスキオ尼崎」のカフェ&レストラン「ウエストリバー」(尼崎市潮江1、TEL 06-6491-0603)が10月20日、平日ランチタイムの営業を再開した。

コーヒーや紅茶もセットになった「デザートワゴン」。「注文後に焼き上げるパンケーキはふわふわの食感。ソースは『ベリーソース』『あんこと黒蜜』を用意する」と担当者

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、4月9日より長期休業となっていた同店。7月から土曜・日曜・祝日のランチタイム限定で営業を再開していたが、平日は引き続き休止していた。ホテル担当者は「感染防止対策への取り組みに加え、おいしい料理でお客さまに笑顔を届けられるよう、調理技術講習や社内調理コンクールを開くなどさまざまな準備を進めてきた」と振り返る。

[広告]

 再開に合わせ、「ご飯に合う洋食」がコンセプトの新ランチメニューも登場。「ビフカツ」(1,600円)、「ハンバーグステーキデミグラスソース」、社内調理コンクールで入賞した料理が週替わりで楽しめる「本日のおすすめ」(以上1,200円)、ハンバーグや有頭エビフライ、クリームコロッケがセットになった「ヴィスキオセット」(1,400円)、「ビーフ黒カレーライス」(1,000円)など8種類がそろう。担当者は「新メニューに合わせ、お米の銘柄も変更した。お替わりや大盛りも無料なので、たくさん召し上がっていただきたい」と話す。

 同日、ティータイムとペイストリーの営業も再開。ホテルパティシエが作るケーキや、オーダーが入ってから焼き上げるパンケーキが食べ放題で楽しめる「デザートワゴン」(1,300円、平日限定)などを用意する。「コーヒーや紅茶も付き、ランチとセットで300円引きになる。『食べ放題でこの値段は安い』とお客さまから好評を得ている」と担当者。

 「社内調理コンクールは今後も定期的に開催する予定なので、メニューはどんどん増える予定。まだまだ続く食欲の秋に、新しくなったウエストリバーの料理とデザートを楽しんでいただければ」とも。

 営業時間は、平日ランチタイム=11時30分~14時(ラストオーダー)、土曜・日曜・祝日=11時~14時30分(ラストオーダー)、ティータイム=14時~15時30分(ラストオーダー)、ペイストリー=11時~16時。月曜定休(祝日は営業)。