プレスリリース

サステナブルな食が神戸に大集合するシンポジウムイベント『We Feed The Planet Japan 2020- 地球を想う、おいしい選択会議 -』

リリース発行企業:一般社団法人 日本スローフード協会

情報提供:

「地球想いな日常のアクションを考える」を合言葉に、TALK&EATセッションや、TASTEワークショップ(食べ比べワークショップ)、子ども向け食育イベント、生産者や料理人の出店などを開催する2日間。世界のベストレストランアワードにて受賞歴を持ち、サスティナブルレストラン賞も獲得したレフェルヴェソンス生江史伸シェフとスローフード三浦半島 代表でありTOKYO FM「サステナ・デイズ」パーソナリティである小野寺 愛さんをガイド役に、数々のプログラムを開催します。


【各プログラム紹介 - TALK & EAT セッション -】

【開催概要】
・日時:2020年11月21日(土)& 22日(日)10:00~18:00 ※21日:味の箱船ダイニング参加者は21:00終了予定
・場所:デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO/ホール(兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)
・入場無料(プログラムにより一部予約制・有料)
・主催:一般社団法人 日本スローフード協会/共催:神戸市
・プログラム内容:
● TALK & EAT セッション
● 生産者や料理人の出店
● TASTE ワークショップ
● 展示 など
・会場レイアウト ※変更する場合があります。


【各プログラム紹介 - TALK & EAT セッション -】
シンポジウムのメインコンテンツとなる『TALK&EATセッション』。日常的に選択するシーンが多い6つのテーマで、作り手や料理人、専門家とのセッションを開催。90分のセッションに加え、30分は交流会をかねてテーマと紐づく食材を味わい学びを深めます(一部EATセッションのないコンテンツもあります)。
※予約制/一部有料(材料代/調理器具台/提供資材代として)

11月21日(土)10:30~11:10 『オープニングセッション/神戸市挨拶』
※参加無料
TALK:
・レフェルヴェソンス 生江史伸シェフ
・スローフード三浦半島代表小野寺愛
・スローフード日本 代表理事 渡邉めぐみ 他
EAT:
ウェルカムドリンク付き



11月21日(土)11:30~13:30 『野菜ってどうやって選ぶ?-種のある暮らし-』
※参加費:500円(材料代/調理器具台/提供資材代として) ※要予約
TALK&EATセッション-野菜編-
TALK:
【登壇】
・種とり農業者/スローフード長崎代表 岩崎政利(長崎県雲仙市)
・有機農家 大皿一寿(神戸)
【モデレーター】
・スローフード日本 代表理事 渡邉めぐみ
EAT:
古代種の野菜をつかったワンデッシュ

11月22日(土)14:00~15:30 『どんなところで外食する?-飲食店の選択で何が変わるか-』
※参加費:無料 ※要予約
TALK&EATセッション-レストラン編-
TALK:
【登壇】
・アクアパッツァ 日高良実(東京)
・ラルドワーズ 柘植淳平(神戸)
【モデレーター】
・FARM CANNING 西村 千恵

11月21日(土)16:00~18:00 『どんな調味料で料理する?-伝統のある暮らし-』
※参加費:1,000円(材料代/調理器具台/提供資材代として) ※要予約
TALK&EATセッション-調味料編-
TALK:
【登壇】
・カクキュー八丁味噌 野村健治(愛知岡崎市)
・梶田商店 梶田泰嗣(愛媛県大洲市)
・角谷文治郎商店 三角祐亮(愛知県碧南市)
【モデレーター】
・スローフード日本 代表理事 渡邉めぐみ
EAT:
各調味料のブラインドテイスティング

11月22日(日)10:30~12:30 『肉/乳製品はサステナブル?-人と動物の関係性を考える暮らし-』
※参加費:600円(材料代/調理器具台/提供資材代として) ※要予約
TALK&EATセッション-肉乳製品編-
TALK:
【登壇】
・Happy Mountain 幸山明良(長野県根羽村)
・Pure Farm 山下三郎(神奈川平塚市)
・畜産農家 井崇晃(熊本県産山村)
【モデレーター】
・EAT Natural 池嶋丈児
EAT:
山地酪農放牧の牛乳、ハム、ソーセージなどのテイスティングプレート

11月22日(日)13:00~15:00 『魚ってどうやって選ぶ?-日本の漁業から見る暮らし-』
※参加費:1,000円(材料代/調理器具台/提供資材代として) ※要予約
TALK&EATセッション-魚編-
TALK:
【登壇】
・恵水産 石橋匡光(神奈川県三浦市)
*他、水産関係者登壇予定
【モデレーター】
・シーフードレガシー 山内愛子
EAT:
サステナブルシーフードプレート

11月22日(日)15:30~17:30 『どんなお酒を飲む?-生態系が生む酒のある暮らし-』
※参加費:1,000円(材料代/調理器具台/提供資材代として) ※要予約
TALK&EATセッション-酒編-
TALK:
【登壇】
・寺田本家 寺田優(千葉県神崎町)
・エノテカベルベルバール 宮本健史(神戸)
・鹿島パラダイス 唐澤秀(茨城県鹿島市)
【モデレーター】
・スローフード日本 濱部玲美
EAT:
それぞれの日本酒、ワイン、ビールの飲み比べ

11月22日(日)18:00~ 『クロージングパーティ-Disco Soup-』
※参加費:無料
TALK:
【登壇】
【登壇】
・Slow Food Youth Network Japan
【ゲストシェフ】
・Miica Fran(徳島)
EAT:
フードロスでつくるスープパーティ

登壇者/モデレーターを一部紹介
レフェルヴェソンス 生江史伸
レフェルヴェソンス 生江史伸
「サステナ*デイズ」パーソナリティ 小野寺愛 
「サステナ*デイズ」パーソナリティ 小野寺愛
アクアパッツァ 日高良実
アクアパッツァ 日高良実
寺田本家 寺田優
寺田本家 寺田優
梶田商店 梶田泰嗣
梶田商店 梶田泰嗣
Pure farm 山下三郎
Pure farm 山下三郎
FARM CANNING 西村千恵
FARM CANNING 西村千恵


長崎県雲仙市の農業者/スローフード長崎代表 岩崎政利
岩崎政利

EATセッションイメージ
EATセッション1

【各プログラム紹介 - テイストワークショップ -】
各分野の専門家が講師となり、五感を通じて食を学ぶワークショップを開催。親子で参加できる子ども向けコンテンツも。友人と家族と、おひとりでも参加いただけます。※予約制/一部有料(材料代/調理器具台/提供資材代として)

香味園 上領茶舗 MY CHA ワークショップ
*予約制 2,000円/1名
鳥取県津和野で親しまれているノンカフェインの健康茶〈ざら茶〉・ほうじ茶・紅茶と和洋のハーブを自分の体調やお好みに合わせてブレンドします。お茶とハーブが持つ効能や香りを楽しみながら、ほっと一息。とっておきのお茶の時間を楽しみませんか。 ※約50gの持ち帰りと各種試飲がセット

Slow Food Ryukyu カーサームーチー&サングワァづくり
*予約制 500~1,000円/1名
沖縄で、旧暦12月8日に子どもの健康祈願や魔除けとして各家庭でつくる月桃の葉で包んだ餅「カーサームーチー」を作りながら、沖縄における餅にまつわる食文化をご紹介。餅を蒸している間には、月桃の葉で「サングワァ」という魔除けのお守りもつくります。

スローフードコミュニティ アイヌ食を守るアイヌ女性の会
アイヌの伝統食 チタタプ(氷頭のたたき)をみんなで作ろう

*予約制 500円/1名
鮭は、アイヌ語で「チェプ」と呼ばれ、食文化の中で重要な役割を持っています。チェプとアイヌの関わり、チタタプ(氷頭のたたき)を通して、「余すとこなく食べる」アイヌの食文化を伝えます。アイヌ民族の食文化について学べるチャンスです。

Paradise Beer Factoryプレゼンツ
クラフトビールワークショップ~大麦がビールになるまで~

*予約制 1,000円/1名
普段何気なく飲んでいるビール。どんなふうに作られているか、知っていますか?大麦から栽培してビールを作っているParadise Beer Factoryさんが、ビールの製造工程をわかりやすくガイド。麦汁を飲んだり、ホップを味わったりしながら、味覚でビールについて学べます。Paradise Beer Factoryのビール飲み比べもできます。

梶田醤油プレゼンツ
【親子向け】お醤油について知ろう!ワークショップ

*予約制 1,000円/1組
お醤油は日本人の普段の食事に欠かせないものですが、こちらも製造工程についてあまり知られていない食材の一つです。愛媛県から、県産材料にこだわってお醤油を作っている梶田醤油さんプレゼンツによる、子どもたちでもわかりやすく学べるお醤油ワークショップです。

*その他イベント多数あり 
*詳細は、WEBサイトにて

各プログラム紹介 - 出店者たち -】
日本全国からサステナブルを大切にする生産者や料理人などが集合。2日間で30以上もの出店者が神戸に集合。





【各プログラム紹介 - 味の箱船ダイニング / Disco Soup -】
味の箱船 ダイニング
*11月21日(土)18:30~ サーブ開始 21:00終了予定
*予約制/4,000円(食材/調理器具/提供資材代として)
スローフードで取り組んでいるプロジェクトのひとつである「味の箱船」。現在世界中で5000を越える動物、果物、野菜の品種と加工食品などが登録されており、日本にも50ほどの登録があります。
そんな味の箱船食材を使い、それらを味わうダイニングイベントを開催します。

*味の箱船…各地方の伝統的かつ固有な在来品種や加工食品、伝統漁法による魚介類などのなかには、このままでは消えてしまうかもしれない、小さな生産者による希少な食材がたくさんあります。こうした食材を世界共通のガイドラインで選定し、様々な支援策によって、その生産や消費を守り、地域における食の多様性を守ろうという取り組み
味の箱船ダイニング



Disco Soup
*11月22日(日)17:00~ *予約不要/無料
スローフードで取り組んでいるプロジェクトのひとつである「Disco Soup」。フードロスを楽しみながら学び味わうスープの振る舞いイベント。神戸で生まれたフードロスやシンポジウム内で生まれるフードロスを回収し、スープに生まれ変わらせます。ゲストシェフ:Miica(フードクリエイター)

*Disco Soup…「ディスコスープ」は参加者が規格外野菜を音楽と共に楽しく調理をして食べる、世界規模のエンターテイメント型フードロス啓蒙プロジェクトです。ワールドディスコスープデーも制定され全世界60箇所以上で開催される食料廃棄問題に警鐘を鳴らす国際イベントとなっています。


【同時開催】
未来につなぐ神戸の食ーデザインと食の世界を一緒に考える NEW RELATION

*2020年11月14日(土)- 11月22日(日) 9:00-21:00 最終日のみ20:00まで
*予約不要/無料 *11月16日(月)は閉館日
神戸の食を表現するために風景や生産の流れを展示するような展覧会を開催。旬の生産物などについて知ることができるスペースも設け、身近な場所で収穫できる食材を発見するきっかけを提示します。これまでKIITOで開催してきた「神戸野菜学」のアーカイブなども展示。
神戸では少量多品種の野菜づくりをしている方が多く、クラフトベジとも言える小規模生産の作り手がこだわりの味や製法に挑戦する姿を通してこれからの食を考えます。
場所 | KIITO 1FギャラリーA (神戸市中央区小野浜町 1-4 デザイン・クリエイティブセンター神戸 )
主催 | 神戸市、デザイン・クリエイティブセンター神戸、食都神戸運営共同事業体 企画 | graf 展示構成 | dot architects、graf

FLOW
* 2020年11月15日(日)13:00-15:00 *要予約/価格:2900円(税込)
神戸市内で生産されている11月の食材をEdible Landscape (エディブル・ランドスケープ)として可視化し、食す集いを開催します。
場所 | KIITO 1FギャラリーA
メニュー | Salad of Kobe 神戸をサラダに
Flowing Ravioli 流れるラヴィオリ
Sweet Water 甘水:水のデザート
料理人 | 船越雅代 Farmoon主宰 募集人数 | 30人
申し込み先|メール info@graf-d3.com 電話 06-6459-2082 (11月8日締切 ※抽選となります)

食文化による郷土づくり カンファレンス&瀬戸内経済文化圏FOOD SUMMIT
* 2020年11月22日(日)13:00-20:00
*無料 ※一部コンテンツは有料
「食をテーマにした官民協働の地域づくり」と題しシンポジウム&パネルディスカッションの開催 第1部:食による地域活性化に取組む「豊かな食の郷土づくり研究会」の第2回カンファレンス ・新潟で宿泊施設「里山十帖」、雑誌「自遊人」を営む岩佐十良氏による講演 ・全国の自治体による事例紹介とパネルディスカッション 第2部:瀬戸内エリアのクリエイターによるパネルディスカッションと交流会(17:15~)
企画 | 一般社団法人DOR
場所 | KIITO 2Fステージフェリシモ
主催 | 神戸市、食都神戸運営共同事業体


【広報メディア(参加申し込み) & 問い合わせ先】
スローフード日本 We feed the planet 公式HP  https://www.wefeedtheplanet.org/
スローフード日本 公式HP  https://www.slowfood-nippon.jp/

一般社団法人 日本スローフード協会 担当:濱部 玲美
電話:090-6984-8268 メール: r.hamabe◆slowfood-nippon(◆を@に変換ください)

  • はてなブックマークに追加