食べる

尼崎・塚口に「大衆ビストロ 馬と魚」 馬肉は長野直送、厚岸のカキも

「店名が尼崎出身のお笑い芸人・馬と魚さんとかぶってしまったのは、全くの偶然」と石場さん

「店名が尼崎出身のお笑い芸人・馬と魚さんとかぶってしまったのは、全くの偶然」と石場さん

  •  

 尼崎の阪急塚口駅近くに7月19日、「大衆ビストロ 馬と魚」(尼崎市南塚口町2、TEL 06-6423-0022)がオープンした。

「馬刺し5種盛り」。脂の乗ったコウネと赤身を一緒に食べると、中トロのような味わいに

 馬肉と鮮魚を中心とする料理を提供する同店。大阪を中心に「北海道海鮮 にほんいち」や「大衆馬肉酒場 馬王」などの居酒屋チェーンを展開する「N・I(エヌアイ)」(大阪府池田市)の新業態。兵庫県内への出店も初となる。店舗面積は約20坪、席数はカウンター8席、テーブル38席で合計46席。

[広告]

 同店の特徴は、長野から仕入れる癖がなく食べやすい肉質の馬肉と、長崎・五島列島や北海道から直送する新鮮な魚介。着席して最初に提供する「突き出し」も「馬肉タタキ」か「生カキ」のいずれかを選べるという。馬肉の「造り」(780円~)は赤身、ロース、コウネ(タテガミ)、ヘレ、フタエゴ(バラ)、「レ馬刺し」などを用意。中でも「刺身盛り5種」(1,580円)は特に人気という。魚料理では「鮮魚のカルパッチョ5点盛り」「前菜6種盛り」(以上980円)、「本日のカマ焼き」(580円)、「本日の鮮魚のブイヤベース」(1,580円)などを用意する。「厚岸(あっけし)産牡蠣(カキ)」(焼き・生、300円)は、突き出しで食べて2杯目・3杯目とお替わりする客も多いという。

 ドリンクメニューは「キリン一番搾り生ビール」(399円)、「のどごし生」(299円)のほか、ウイスキー「ホワイトホース」を使ったハイボール「うまソーダ」各種(299円~)、サワー、カクテル、ワイン、日本酒、焼酎、ソフトドリンク各種。土曜・日曜・祝日の15時までは前菜盛り合わせとドリンク1杯の「昼飲みセット」(540円)も提供する。価格は全て税別。

 店長の石場慎一郎さん(42)は大阪出身。前職は大阪・北新地の婚活バー経営、結婚相談所の相談員という経歴の持ち主で、「肝心の本人は独身、というオチがついている」とほほ笑む。「塚口のまちで仕事するのは初めてだが、オープンからたくさんの地域のお客さまが来てくれている。バルなど地域のイベントにも参加して、皆さんに末永く愛される店にしていきたい。笑顔と元気がモットーなので、疲れている時でも『あそこに行くと元気もらえるな』と思ってもらえるような店にできたら」と意欲を見せる。

 営業時間は16時~24時(土曜は12時~、日曜・祝日は12時~23時)。

尼崎経済新聞VOTE

尼崎のご当地グルメといえば?