食べる 見る・遊ぶ

尼崎・立花に韓国料理・ライブバー 歌手の店主がピアノ弾き語り

ライブの様子

ライブの様子

  •  

 尼崎のJR立花駅近くに、「想 -Sang- Korean dining & music bar」(尼崎市西立花町1、TEL 06-6409-4141)がオープンして3カ月がたった。

韓さん(左)と徐さん

 韓国家庭料理とライブ音楽を提供する同店。店舗面積は20坪。カウンター7席、テーブル18席の計25席。1階に老舗居酒屋「錦平」(現在は閉店)が入るビルの3階にあり、韓国の伝統的な調度品や陶芸品をインテリアに使い、平穏で落ち着いた空間を演出している。

[広告]

 店主の韓将植(ハン・ジャンシク)さん(32)は18歳の頃から歌手活動を行っており、レパートリーは伝統民謡からJ-POP・K-POP、オリジナル楽曲まで多岐にわたる。「歌手の仕事をしながら、いつか自分の店を持つことが夢だった。人が集まる場が好きで、そうした場を提供したいと思っていた」と振り返る。店では韓さん自ら、毎夜ピアノ弾き語りライブを行っている。「客のリクエストにはほぼ応えられると思っているが、時々知らない曲をリクエストされて『明日までに練習しておくから、また来て』とお願いすることもある」と笑顔を見せる。

 料理を担当するのは母の徐淑美(ソ・スンミ)さん(67)。かつて尼崎・城内にあった大円寺の僧侶だった父と、檀家の人々をもてなすために百人規模の料理を用意し、振る舞っていた母の姿を見て、時には手伝いながら育ったという。「料理人の経験は無いが、母の料理を楽しみに多くの人が集まっていた思い出から、おもてなし料理には自信がある。ダシ、タレから全て自家製にこだわった、オリジナルの料理を提供したい」と意気込む。

 メニューは「キムチ豆腐チゲ」(800円)、「ナスとトマトの冷菜」(700円)、「ナムル盛り合わせ」(980円)、「大山鶏とたっぷり野菜の甘辛煮」(1,250円)など。ドリンクメニューは「アサヒ樽詰め生」(中=480円、小=380円)、「ゆず酒」「もも酒」(以上480円)、「梨酒」(520円)、「二東マッコリ」(グラス=420円、かめ=1,600円)、「チャミスル オリジナル」(780円)、日本酒、焼酎、洋酒、ワイン、カクテル各種も用意する。価格は全て税別。

 韓さんは「店の名前は、人それぞれに『思い』があり、それを大切にしたいと考えているから。そうすることで、互いを尊重し合い、年齢も国籍も隔たりなく、一緒に喜びを分かち合える。お客さま一人一人にとっての居場所となり、リラックスできるような温かい店にしていけたら」と話す。

 営業時間は18時~24時。火曜定休。