天気予報

12

6

みん経トピックス

尼崎の公園でフリマイベント伊丹でなぎなた体験

尼崎にしょうゆラーメン「麺屋壱志」 無化調スープと3種のチャーシュー

尼崎にしょうゆラーメン「麺屋壱志」 無化調スープと3種のチャーシュー

壱志特製らーめん

写真を拡大 地図を拡大

 尼崎・昭和通に10月7日、ラーメン店「麺屋壱志(いっし)」(尼崎市昭和通2、TEL 06-6435-8235)がオープンした。

「昔ながらの安心な味を届けたい」と店長の石井さん

 店舗面積は16坪、席数はカウンター8席、テーブル8席。店主の石井康壱さんは大阪・箕面出身で、地元で立ち飲み店を共同経営していたところ、締めに出していたラーメンの味を気に入った常連客に尼崎の同物件を紹介され、ラーメン店としての独立を決意したという。

 スープは鶏ガラスープをベースに、「かえし」には九州独特の甘味のあるしょうゆなどを数種類ブレンドし、化学調味料を使わずにまろやかでコクのある味を追求したという。チャーシューは赤ワインで柔らかく煮たバラチャーシュー、あぶった脂身から香ばしいうま味が溶け出すロースチャーシュー、サイコロ状に刻んでスープに深みを添えるコロチャーシューの3種を自家製で用意する。麺はプリプリとした食感で細めの卵麺を使う。

 メニューは、3種のチャーシュー倍量とニラキムチ、煮玉子、もみじおろしをトッピングした「壱志特製らーめん」(1,000円)、「壱志らーめん煮玉子なし」(700円)、「チャーシュー麺煮玉子なし」(850円)など。大盛り・替え玉(追加150円)、チャーシュー丼がセットになる「壱志どんセット」(追加180円)、各種トッピングも追加できる。ランチタイムはご飯を2杯まで無料で提供するほか、「から揚げセット」(1,000円)も用意する。

 石井さんは「子どもから高齢の方まで、安心して食べられる昔ながらの味を目指している。メニューはこれからも開発を続け、近いうちにチャーハンや鶏白湯(パイタン)スープも提供したい。スタッフたちともアイデアや仕事の喜びを共有して、食べる方も作る方も幸せになるような店づくりをしていければ」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~22時(金曜・土曜・祝前日は24時まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング