見る・遊ぶ 学ぶ・知る

尼崎で「はしもとみお木彫展」 一般から募集した「尼崎の生き物写真」展示も

作品一例。「目の前に本当に動物がいるように感じる。触れる作品もあるので、さまざまな表情を感じてほしい」と金子松さん

作品一例。「目の前に本当に動物がいるように感じる。触れる作品もあるので、さまざまな表情を感じてほしい」と金子松さん

  • 13

  •  

 「はしもとみお木彫展 いきものたちとのくらし」が1月4日、尼崎・西長洲町のアートスペース「A-LAB(えーらぼ)」(西長洲町2)で始まった。

はしもとみおさん

[広告]

 はしもとさんは幼少期~10代を尼崎で過ごし、15歳の時に阪神・淡路大震災を経験。震災で命を失った動物たちを目の当たりにし、「失われてしまった命は取り戻すことはできないが、動物たちが生きた証しをずっと残しておくことはできる」と彫刻家を志した。現在は三重県にアトリエを構え、制作活動を続けている。

 彫刻やドローイング作品など約240点を展示。はしもとさんの思い出の場所だという「西武庫公園」(武庫元町3)を再現し、生き物たちが楽しく暮らす様子をイメージした展示演出などを行うほか、尼崎で過ごした際のエピソードも紹介する。

 関連企画として、一般から募集した「尼崎の生き物写真」展示やスケッチコーナー設置、尼崎城で「はしもとみお絵本原画展 おもいででいっぱいになったら」なども行う。

 市文化振興課の金子松美香さんは「子どもから大人まで幅広く楽しめる展覧会。入場無料なので、気軽に何度も生き物たちに会いに来てもらえたら」と呼びかける。

 開催時間は、平日=11時~19時、土曜・日曜・祝日=10時~18時。火曜休館。入場無料。今月29日まで。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース