特集

尼崎市定住・転入促進情報発信サイト「アマニスム」、公開からまもなく1カ月

  • 0

  •  

 尼崎市の定住・転入促進サイト「アマニスム」が、公開から1カ月を迎える。

アマニスムトップ画像アマニスムトップ画像

 2017(平成29)年に開設した定住・転入促進サイト「尼ノ國(あまのくに)」をリニューアルしたもので、より「暮らし」に焦点を当てた情報の発信を重視。街の利便性など転入を検討する際の判断材料をデータで示す「ABOUT(尼崎のこと)」、市内を8つのエリアに分け、各エリアを動画などで紹介する「CITY(知る)」、人にフォーカスした記事を掲載する「PEOPLE(出会う)」、暮らしを豊かにする記事を集めた「LIFE(暮らす)」、イベントやセミナー情報などを発信する「TOPICS(できごと)」などで構成する。広報課の北原のぞみさんは「尼崎に住みたい、住み続けたいと思ってもらえる記事を掲載していきたい」と話す。

「ABOUT(尼崎のこと)」ページ「ABOUT(尼崎のこと)」ページ

 「ABOUT(尼崎のこと)」は、尼崎で暮らす人へ子育て環境や自然、地域の取り組み、治安などについて聞いた「街の声」や、尼崎のイメージを調査した結果、尼崎から神戸、大阪、京都、奈良へ行くのにどれくらい時間がかかるのか、利用する公共交通機関などを紹介。

「CITY(知る)」ページ「CITY(知る)」ページ

 「CITY(知る)」は、市内を8つのエリアに分け、各エリアで暮らす人のインタビューや街の風景を動画で紹介。駅周辺や公園、住宅地の様子など、街それぞれの特色を感じる内容で、動画のほか飲食店や施設の紹介など、暮らしに役立つ情報も掲載。自分のライフスタイルに合った「尼崎での暮らし」を想像することができる。

「PEOPLE(出会う)」ページ「PEOPLE(出会う)」ページ

 「PEOPLE(出会う)」は、前身サイト「尼ノ國」より引き継いだページで、尼崎で暮らす・活動する人を取材した記事を掲載。インタビュイーは、飲食店店主、地域活動に取り組む人、アーティスト、子どもなど老若男女問わずさまざま。活動や取り組み、尼崎への思いを知ることができる。

「LIFE(暮らす)」ページ「LIFE(暮らす)」ページ

 「LIFE(暮らす)」は、子育て中の人を応援する飲食店、発達の特性、障がいに関わらず誰もが一緒に遊べる公園「インクルーシブ公園」の設置を目指す団体などを取材した記事や、市役所に聞いた「コミュニティーサイクルって、どうやって使うんですか?」など、暮らしを豊かにする情報を掲載。「TOPICS(できごと)」は「もっとローカルを楽しみたい」を掲げ、市内で開かれたイベントやセミナーのレポート記事、これから開かれる催し情報などを掲載する。

「TOPICS(できごと)」ページ「TOPICS(できごと)」ページ

 サイトリニューアルを周知しようと、今年2月からインスタグラムのライブ配信も定期開催。各エリアの魅力や住みやすさについて、視聴者からのコメントを交えながら語り合う内容を展開した。北原さんは「事前に用意した台本ではない『リアルなコメント』で話題が広がり、とても盛り上がった」と話す。インスタライブの模様は現在、ユーチューブでアーカイブ配信している。

 

【関連リンク】
アマニスム
アマニスム ユーチューブチャンネル
尼崎市定住・転入促進サイト「アマニスム」公開 「暮らし」に焦点
尼崎市定住・転入促進サイト「アマニスム」ティザーオープン ライブ配信も

 

 

 

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース