プレスリリース

播磨科学公園都市における自動運転公道実証運行を開始します

リリース発行企業:アイサンテクノロジー株式会社

情報提供:


アイサンテクノロジー株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長 加藤淳)は、2019年12月5日より、「自動運転技術を活用した新たなモビリティサービスの実用化」協定に基づく、播磨科学公園都市における自動運転公道実証運行走行を開始いたします。

 本協定に基づく自動運転公道実証運行走行は、2019年8月19日に、兵庫県、たつの市、上郡町、佐用町及び株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:武田一哉)、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:西澤敬二)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋誠)、ダイナミックマップ基盤株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:稲畑 廣行)、神姫バス株式会社(本社:兵庫県姫路市、取締役社長:長尾真)、株式会社ウエスト神姫(本社:兵庫県相生市、代表取締役:魚谷観)と共に、兵庫県が開発した播磨科学公園都市内における自動運転技術を活用した次世代モビリティサービスの実用化と地域交通の利便性向上に取り組むもので、今回は車両やAIの開発者による技術実証から一歩進め、地域旅客運送事業者が運行主体参画による、サービスモデル構築を視野においた運行を行います。

■実施スケジュール
日時    
 2019年12月5日(木)~12月9日(月)
運行ルート
 「バスタイプ リエッセII」により非遠隔型自動運転で芝生広場から理化学研究所北管理棟を往復走行
 「小型EV Milee」により遠隔型自動運転で芝生広場駐車場と理化学研究所構内駐車場を走行
 (※車両状況により周数変更の可能性があります)

■実施体制について(4行政、7企業、1大学※1)



   ※1アイサンテクノロジー(株)の委託先として参加 

■実験車両について




  ※2「Autoware」はThe Autoware Foundationの商標です。
  ※3 公募10名+理化学研究所関係者3名+スタッフ等2名です。

■お問い合わせ先 
 
〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目7番14号ATビル
 アイサンテクノロジー株式会社 MMS事業本部 
 TEL 052-950-7500

  • はてなブックマークに追加