プレスリリース

プラントハンター西畠清順(そら植物園 代表)プロデュース「生田の森 子どもガーデン2018 presented by そら植物園」

リリース発行企業:そら植物園株式会社

情報提供:

そら植物園株式会社(所在地:兵庫県川西市 代表取締役 西畠清順)は、神戸有数のパワースポットとしても人気の生田神社(兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目2-1)で、2018年12月8日(土)と12月9日(日)の2日間、子どもたちが楽しむことができるイベント「生田の森 子どもガーデン2018 presented by そら植物園」を、境内の生田の森にて開催します。



歴史ある生田の森が、プラントハンター西畠清順(そら植物園 代表)による空間プロデュースで、自然を感じ、植物と触れ合える子どもたちの遊び場となります。

また、イベント開催日の前日12月7日(金)午前10時より、生田の森内にある「生田森坐社」の鳥居奉納竣工奉告祭並びに、通り初め清祓式が行われます。鳥居は、昨年12月に神戸メリケンパークで開催致しました「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT ~輝け、いのちの樹。~」で展示したあすなろの木から造られています。

<西畠清順コメント>
昨年、「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT ~輝け、いのちの樹。~」のイベントを行なった際に、オープニングやクロージング時の神事のお声掛けをいただいたご縁から始まり、イベントのシンボルであったあすなろの木が、鳥居として新たな道を歩み始めることになりました。神戸では、多くの方々にイベントの応援をしていただきましたので、鳥居の奉納に合わせてささやかな恩返しができればと思っています。生田の森で子どもたちの楽しむ笑顔を見たいです。

<生田神社 加藤隆久名誉宮司コメント>
「神戸」の地名の発祥の地である生田の森の、鳥居がなかった神功皇后さんのお社に、富山県氷見市から神戸メリケンパークに昨年やってきたあすなろの木が鳥居として建立されるということは、蘇る社といわれるお社にとって、不思議な神のご縁があるんじゃないかとつくづく思いますし、本当に素晴らしいことだと思います。

■イベント実施概要
・名称:生田の森 子どもガーデン2018 presented by そら植物園
・主催:そら植物園株式会社
・開催日時:
2018年12月8日(土)10:00 ~ 16:30
2018年12月9日(日)10:00 ~ 16:30
・会場:生田神社 境内北側 生田の森 (兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目-2-1)
・対象:小学生以下 (※保護者同伴可)
・入場料金:無料

※西畠清順 絵本の読み聞かせ 11:00~ / 14:00~ (12/8、12/9ともに予定)

<注意事項>
・イベントスペースへご入場いただけるのは小学生以下のお子様と保護者の方が対象となります。
・大人だけでのご入場はご遠慮させて頂きます。
・混雑時は時間制限を設けさせて頂きます。
・当イベント開催期間内において発生した一切の事故や怪我・病気などの責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。
・荒天の場合、中止とさせていただく場合がございます。
・イベントに関する情報は、そら植物園公式ホームページ( http://www.from-sora.com )をご確認ください。

<イベントに関するお問い合わせ>
そら植物園株式会社
TEL:072-707-2602 (平日10:00 ~ 17:00)

・・・・・・・・・・・・・

■生田森坐社 鳥居奉納竣工奉告祭並びに通り初め清祓式 概要
・開催日時:2018年12月7日(金)10:00 ~ 10:45
・会場  :生田神社 境内北側 生田の森 (兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目-2-1)
<注意事項>
・ご来賓のみなさまが優先となります。
・荒天時は、会場が変更となる場合もございます。

■西畠清順 トークショー 概要
・開催日時:2018年12月7日(金)17:00 ~ 17:30
・会場  :生田神社 拝殿 (兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目-2-1)
<注意事項>
・18時より開演の一般財団法人 日本雅楽協会 第四回 雅楽公演の公演チケットをお持ちのお客様より優先入場とさせていただきます。
・荒天時は、会場が変更となる場合もございます。

※12月7日(金)午後には、富山県氷見市の観光PRが境内で行われる予定です。
昨年度の「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT ~輝け、いのちの樹。~」 がきっかけで、神戸市と氷見市でご縁ができ、観光PRが行われることとなりました。詳細につきましては、氷見市商工観光課へお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・

■生田神社

生田神社は1800年以上の歴史を有する古社。生田の神を守る家、神戸(かんべ)が由来となって神戸という地名が生まれました。

境内北側には鎮守の森が広がっており「生田の森」として親しまれています。平安時代の『枕草子』に「糺す(ただす)の森、信太(しのだ)の森、生田の森」をはじめ様々な書物に記されているほか、特に源平合戦の戦場になったことは有名で寿永三年(1184年)2月には平知盛を大将とする平家軍が生田の森に陣を構え、一の谷から生田の森へかけて一帯が戦場となるなど、歴史的に由緒のある森です。


生田森坐社は、生田神社ご鎮座1800年を記念して2001年に整備された森の中に、生田神社との由緒深い、神功皇后(じんぐうこうごう)をお祀りして以来、森の守り神として、多くの方にお参りいただいています。


■めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT ~輝け、いのちの樹。~


プラントハンター西畠清順が発起人となり、ニューヨーク・ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーよりも大きな世界一の高さ(※1)となる全長30メートルのあすなろの生木を、富山県氷見市から運び、神戸メリケンパークにクリスマスツリーとして立てたプロジェクトです。2017年12月2日~12月26日までの25日間で行われ、来場者数141万人を突破しました。期間中31,280枚のメッセージオーナメント(※2)が集まり、クリスマスツリーを輝かせました。



(※1):世界一のクリスマスツリーとは、人工ではなく、人が届けた生木のクリスマスツリーとして根鉢を含めた鉢底から葉頂点までの植物体の全長が史上最大です。
(※2) :たくさんのみなさまからの大切なメッセージオーナメントは、生田神社にお納めしてお祓いさせていただきました。


■企業情報




そら植物園は2012年より「ひとの心に植物を植える」をスローガンに立ち上げた活動で、さまざまな企業、行政機関などから寄せられる空間演出やランドスケープデザインなどの依頼を今までになかった切り口で次々と成功させ、植物の素晴らしさと魅力を広げる活動を続けています。


■西畠 清順(にしはた せいじゅん)プロフィール

1980年兵庫県生まれ。21歳より日本各地・世界各国を旅して様々な植物を収集し、依頼に応じてコンセプトに見合う植物を届けるプラントハンターとしての活動をスタート。年間平均250トンもの植物を輸出入し、日本はもとより海外の植物園、政府機関、企業、貴族や王族などに届けている。
2012年、“ひとの心に植物を植える”活動・そら植物園を設立。
植物に関するイベントや緑化事業など、国内外のプロジェクトを次々と成功させ、日本の植物界の革命児として反響を呼んでいる。
著書に「教えてくれたのは、植物でした」(徳間書店)、「そらみみ植物園」(東京書籍)など。
Instagram:https://www.instagram.com/seijun_nishihata

尼崎経済新聞VOTE

どこのエリア情報がもっと知りたいですか?