天気予報

31

25

みん経トピックス

尼崎に「ご当地怪獣」現る尼崎で5市立幼稚園が廃園

尼崎に肉のすしメーンのビストロ 生ビールは「マスターズドリーム」

尼崎に肉のすしメーンのビストロ 生ビールは「マスターズドリーム」

新鮮な馬刺しを握りで提供

写真を拡大 地図を拡大

 阪神尼崎駅近くに3月4日、馬・牛肉のすしをメーンに提供する「肉食酒場 ビストロジャパン ハナレ」(尼崎市昭和南通4、TEL 06-6430-5657)がオープンした。

「肉寿司特上」は馬・牛の最上部位を堪能できる

 大阪で神戸牛中心の肉バル「Senbar(センバール)」などを展開するミートアート(大阪市中央区南久宝寺町)が昨年11月に尼崎にオープンした「Bistro Japan(ビストロジャパン)」(神田中通)の2号店(ハナレ)。店舗面積は14坪、席数はカウンター・テーブル計40席。

 熊本の「千興ファーム」から仕入れた馬刺しを握りで提供するすしが特徴。牛のたたきや炙(あぶ)りの握りも合わせ、20種の肉ずしメニューをそろえる。マネジャーの岡本一応(かずまさ)さん(33)は「同ファームは国内唯一の馬肉専門と畜場を備え、高い安全基準を持つ。肉質はとろけるようで、私自身ここの馬刺しを食べて馬肉のイメージが一新したほど」と話す。「生肉、生レバーメニューが次々に禁止される中、生々しい肉を頬張りたいという欲求は高まっているはず。そこに答えたい」と笑顔を見せる。

 肉ずしメニューは、馬肉の「赤身」(190円)、「上ロース」「馬塩たたき」(以上290円)、「うまの月見」「ねぎとろ」「桜生ハム」(以上240円)、希少部位の「コウネ」(タテガミの脂身)、「霜降り」(以上390円)。牛肉の「黒毛和牛炙(あぶ)り肉ずし」(420円)、手のひらサイズの「極上炙りサーロイン」(790円)など。盛り合わせは「上・8貫」(2,200円)、「特上・8貫」(2,700円)など。

 野菜系と肉食系の前菜、ステーキ各種、ハムとチーズの盛り合わせなども用意。ドリンクメニューには「ニュートン ザ・パズル」「ポルコティント」といった肉料理と好相性のワイン(グラス390円~)のほか、生ビールでは市内初となる「サントリー プレミアムモルツ マスターズドリーム」タワーサーバーを導入している。

 岡本さんは「カップルや友人同士で、『今日はちょっといいものを食べたい』と思った時に来てもらえたら。ファンを増やして、近い将来に海外進出も狙いたい。そのため『ビストロジャパン』と命名した」と意欲を見せる。

 営業時間は18時~翌5時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング